星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2007年01月28日(日)

【画像】マックノート彗星をi-CANで撮影

1月27日9時35分ごろ撮影、8枚コンポジット+レベル補正。見事に尾が伸びています。(撮影:宮坂さん)

ALMAサイトi-CANはマックノート彗星に視野を固定

日本時間11時まで、スタッフが西の空にカメラを向け固定。マックノート彗星撮影の需要増加のため。 私が需要を増やしてしまったかも。申し訳ありません。

チャンドラが天の川銀河中心の「光のこだま」を観測

銀河中心にあるとされる巨大ブラックホールに物質が飲み込まれるに伴って発生している模様

タイタンに高速ジェット気流が存在

2003年11月のタイタンによる恒星食の観測から、大気の様子について得られた成果。

【画像】マックノ−ト彗星の尾

何度見てもすごい彗星ですね。尾に見えない。

磯部琇三氏の遺言

故人が生前に記述され、ご家族に托されていたものが、20日付全国紙に死亡広告として掲載されました。20日付全国紙をとっておられる方は、ぜひ探してみてください。
[]

2008年01月28日(月)

続:ブラック星博士出演のネットラジオが世界一

米の有識者が、次期大統領に月探査ではなく小惑星探査を提案

サイエンスカフェ岡山「夢を追いかけて〜私の宇宙飛行士への挑戦」

3月15日、岡山県倉敷市。講師:白崎修一氏「第4回宇宙飛行士選抜試験最終選考受験者」

岡山天体物理観測所 2008年春の特別観望会

3月29日。要申込、定員100名(小学生以上 応募者多数の場合は抽選)。申込みは往復ハガキで、締切3月7日(必着)。

特別展「プラネタリウム展」

明石市立天文科学館、2月9日〜4月13日。天文科学館のプラネタリウムの投影機や図面のほか、名古屋市科学館、大阪市立科学館、渋谷区五島プラネタリウム天文資料、大平貴之氏の協力により、プラネタリウムに関する貴重な資料を展示(ポスターより)

エンデバー打ち上げは3月11日

報道より。土井宇宙飛行士が搭乗の予定。
[]

2009年01月28日(水)

NGC 253に生まれたばかりの星がひしめく領域・超巨大ブラックホールも?

小型実証衛星1型(SDS-1)、クリティカル運用を終了

「いぶき」と一緒に打ち上げられた小型衛星の一つ。

チャンドラヤーン1号、X線カメラで観測

このカメラはESAが搭載したもの。

【APoD】マウナケアの上に天の川

手前のカルデラはハレアカラ山、彼方の黒い山がマウナケア山。
[]

2010年01月28日(木)

VLTによるもっとも遠い恒星質量ブラックホールの発見

銀河から伸びる2つの長い尾をチャンドラが観測

こぐま座ガンマ流星群が1月20日に突発出現

昨日の「ちょっとだけ多めに出現」は12月の話ですので注意。また、昨日の記事のCBETはNo.2147 の間違いでした。

月探査ナショナルミーティング

4月3日、有楽町朝日ホール(東京都千代田区)。

「だいち」によるハイチ地震にともなう緊急観測(3)

日本惑星協会ホットトピックス

オポチュニティ、マークウエット・アイランドの調査を終了 / 小惑星帯内を周回する珍しい彗星

サイエンス・ニュース・ネットワーク第20回「明石市立天文科学館  ~日本一の名プラネタリウム解説」

東京国際科学フェスティバル、2月8日から参加募集開始

9月11日より開催。2月7日に企画募集説明会。説明会は中継を予定。
[]

2011年01月28日(金)

「こうのとり」2号機は無事ISSのロボットアームで捉えられた

1月27日20:41(日本時間)、インド洋上空で。

2009年に木星に衝突したのは岩石質の小惑星だったらしい

夜光雲の明るさが増加傾向に

ナショナルジオグラフィックの記事から

ISS、こうのとり太陽面通過

27日のお昼に、近畿地方でISSと「こうのとり」が相次いで太陽の前面を通過するという予想があり、観測が試みられました。その結果は・・・

(08:10追加)「こうのとり」、ISSとの結合完了

日本時間28日3時34分です。
[]

2012年01月28日(土)

「JAXAと三菱電機株式会社との契約における費用の過大請求について」(JAXAプレスリリース)

JAXAは三菱電機の競争参加資格を停止。

[動画] オリオン星雲の前を通過する日本の静止衛星群

[]

2013年01月28日(月)

宇宙望遠鏡ケプラー、観測休止

リアクションホイールの不調のため。

月面「A」

月面「X」は有名になりましたが、実は「A」もあります。ただ「X」に比べるとちょっと見にくいです。

H-IIAロケット22号機、打ち上げ成功

ペイロードは情報収集衛星レーダ4号機。
[]

2014年01月28日(火)

【書籍】「アジアの星物語」

アジアの星国際編集委員会編 海部宣男監修 万葉舎。2月19日配本を予定
via Twitter@stellamallisさん

1月29日 夜明け前の空で細い月と金星が接近

[]

2015年01月28日(水)

金星探査機「あかつき」、12月7日に金星周回軌道投入

小惑星(357439)2004 BL86を撮影成功

sorae.jp:探査機ドーン、目的地の準惑星ケレスの新しい写真を捉える 3月到着予定

月面「X」予報 2016年追加

アストロアーツ:板垣公一さんの超新星発見100個目達成の記事

達成したのは昨年12月13日(超新星2014ef)でした。 確認観測を依頼された観測者「なんなら、Keckを使うから」(!!)
→【参考】 Keck望遠鏡
頼もしすぎます。

ダイキン、「はやぶさ」発の技術をエアコンに適用する技術検証を開始

1月16日の話題の件ですね。

地球に接近した小惑星2004 BL86に衛星

via Twitter@kippis_sgさん
[]


2017年01月28日(土)

小笠原の星まつりイベント「スターアイランド16」

2月11日~13日、小笠原村父島。

アストロアーツ:風変わりなカメレオン超新星SN 2014C

ISSを分離した「こうのとり」6号機はデブリ除去に向けた導電性テザーの実証実験を予定

[]

2019年01月28日(月)

板垣公一さん、くじら座のNGC 201に、16.7等の超新星を発見。

2019年1月22日11時10分50秒(世界時)の観測から。

国際天文学連合第358回シンポジウム「Astronomy for Equity, Diversity and Inclusion (平等、多様性および多様性の包括に向けた天文学)」

2019年11月12日~15日、国立天文台三鷹キャンパス。

天文教育の教員研修プログラム NASE(Network for Astronomy School Education)、日本で開催

2019年11月9日(土)、10日(日)、大阪教育大学天王寺キャンパス
[]

2020年01月28日(火)

『ケプラー宇宙望遠鏡、1600倍も明るくなった「矮新星」を偶然発見していた』(sorae)

ベテルギウス、減光中

一時、増光に転じたとの見方もありましたが、こちらのグラフでは、1.5等を割り込み、1.6等に。
[]

脳内BGM

「ハルジオン」 (YOASOBI)

バックナンバー