この街の空にも星は瞬く


2017年08月21日(月) 2017年北米皆既日食 [長年日記]

レクスバーグの朝

泊まったホテルはこちら。

大変に見晴らしがいい場所です。緩やかな丘陵が東のほうに続いています。

広い道、ピックアップトラックやキャンピングカーが爆走していきます。そしてぽつんと立つマクドナルド。

朝食。ホテルの食事はすべてケータリングです。ワッフルは焼き立て。どころか、自分で焼けます。スクランブルエッグが絶品でした。

観測場所を決定

日食前日となる今日、午前中に観測場所の割り当てがありました。観測場所はホテルの東側の駐車場と北側に隣接する畑地です。畑地はすでに刈り取りは終わっています。地面は固く、三脚を立てるのも大丈夫な感じです。

私たちは駐車場の建物側の一角を割り当ててもらいました。うまくすれば建物の壁にシャドウバンドが現れるかもしれません*1

*1 太陽高度が高いので見えにくいかも、と後で聞きました。実際、観測後に撮影した動画を見直してもよくわかりませんでした。

お昼

お昼はハンバーガー。具は自分で詰めます。バンズがでかい。

ウォルマート

このツアーでは、当初、2日目にも観光が予定されていました。また夜にはもっと空の暗いところに移動して天体観望会もある予定でした。しかし、日食前日、皆既帯周辺では相当な渋滞が懸念されていました。というわけで、当初の予定はキャンセルされ、かわりに近くの小さなサファリパークみたいな公園とウォルマートに行くことになりました。

ウォルマートは日本でいえば食品スーパーを兼ねたホームセンター、あるいはホームセンターを兼ねた食品スーパーという感じです。日食前日ということで、日食に絡めたセールをやっていたようです。

日本にないお菓子などをお土産に買って帰ろうかと思いましたが、どれも日本でも売っているようで…汗 とりあえず自分たち用にいくつか購入。缶ビールは1缶1ドルと安かった。

夕食

ビュッフェ形式なので別に選ばなくてもいいんですが、なんか肉々しい取り合わせに。骨付き肉に焼きジャガイモがどーん

肉は日本人好みのいわゆる霜降りで…などではないのですが、やわらかで骨離れがよかったです。


2017年08月20日(日) 2017年北米皆既日食 [長年日記]

ミネアポリス到着(現地時間8月19日13時35分)

実は正確な時間を記録していないので行程表の時間ですが、あまり大きく変わらない時間です。

時差の関係で時間が巻き戻ったようになっているのですが、不思議と混乱はありません。現地時間に自然に適応した感じ(気が張ってるだけで身体には負担がかかっていたかもしれませんが)。

海外用のWiFiルーターを持って行ったので、ネットにはつながります。時差があると時計合わせるの大変かなと思っていましたが、スマホもタブレットも自動的に現地時間に合わせてくれていました。えらい。海外にしょっちゅう出る人には当たり前かもしれませんが。

入国審査

ドキドキしたのですが、写真撮られて指紋撮られただけでした。奥さんはあれこれ聞かれたようです。尋問というより気さくな雑談みたいな感じだったみたい。私は「どうせこいつ英語しゃべれねーだろ」と思われたのかな。

伊丹で預けた荷物をいったんピックアップし、また預けなおして国内線へ。

空港のトイレに入る

空港でトイレに入り、ペーパータオルを、はて、どうやって出すんだろうと迷っていたら、通りすがりのおじさんが実際に操作して教えてくれました。

アメリカの空港やホテルや店のトイレは、シャワートイレは全く出会いませんでしたが、自動水栓は普及率高く、ペーパータオルはほぼ標準装備です。トイレットペーパーは日本とほとんどかわりません。

国内線へ

当然ながらアメリカ人ばっかりです。「外人ばっかりだ」と一瞬思いましたが、ここでは自分のほうが「外人」。

国内線はアメリカローカルな雰囲気。日本人の集団も意に介されず。前のほうを見ると操縦席のドアが開いていて計器が丸見えです(もちろん離陸前に閉じられました)。

現地時間17時35分離陸予定。実際は少し遅れたと思います(記録していない)。ソルトレークシティーまでは3時間弱の飛行ですが、時差があるため19時半ごろ到着予定です。

ソルトレークシティー

飛行機を降りるとき、CAさんに「Welcome to the Grate Eclipse」と言って送り出されました(笑)

空港を出て、出迎えのバスに乗り込みます。ここまで、入国したといっても空港から出ていないので、ようやくアメリカの大地を踏んだ感じ。バスに乗ったのは20時頃の時間ですが、サマータイムのためまだ昼間の明るさです。

ここから4時間。でかいねぇ、アメリカは。

 
Interstate Highway 15号線を北へ、まだ明るい。

サービスエリア

トイレ休憩でサービスエリアに。

サービスエリアといっても日本の高速道路のサービスエリアと違い、トイレと案内所らしきもの(もう閉まってました)があるだけです。

周囲も何にもないところだなあぁと思いましたが、Google Mapsを見ると本当に何もなかった。

レクスバーグ到着(現地時間20日0時すぎ)

日付が変わるころ、ようやく、レクスバーグの宿泊先ホテルに到着しました。ここに2連泊し、ホテルの敷地内で日食を観測します。

ここで夜食。アメリカに着いて最初の食事はカレーライスでした。


ビールも飲む。

部屋に入った


この部屋で2晩過ごします。広い!


2017年08月19日(土) 2017年北米皆既日食 [長年日記]

アメリカへ

8月22日(現地時間8月21日)、アメリカ合衆国を横断する皆既日食が起こります。行ってきました。

実は初の海外です。わくわく*1

*1 2009年の皆既日食の時は一時的に日本の領海外に出たはずですが、他国の領内には入っていません。

伊丹空港、朝8時30分

※普段スナップ撮影に使っているミラーレスカメラがずっと不調のため、スナップ写真はスマホまたはタブレットでの撮影です。悪しからず。

目的地はアイダホ州レクスバーグ。旅行社の行程表によれば、伊丹-羽田-ミネソタ州ミネアポリス―ユタ州ソルトレークシティーと飛行機を乗り継ぎ、さらにバスで377kmを約4時間かけてレクスバーグに向かいます。

朝の集合も早いので、空港前のビジネスホテルに前泊しました。

羽田空港からアメリカへ


羽田空港国際線ターミナル。「はねだ日本橋」というものが。

 
羽田空港といえばプラネタリウムがあるのですが、また機会があれば。


羽田を16時20分に離陸。18時の夕日ですが、高緯度を飛ぶためかなかなか沈みませんでした。


「Beef or chiken?」と聞かれたので「チキン」と。なんとか通じた。


2017年04月01日(土) [長年日記]

「容量拡張」はちょっと保留

さくらのクラウドのオブジェクトストレージをgoofysを使ってマウントしてみたのですが、遅いし、rsyncしても動作がまったくうまくないので、外しました。

APIもことごとく「許可されてない」的なエラーで(試してから時間が経っているので正しいメッセージを忘れましたが)。認証の問題のように思われるのですがもうちょっと保留です。

使わなければならないほど容量に困っているわけでもないので、契約はしたけど持て余し気味です。使わなければ課金されないのでいいですが。現在のスペック程度のサーバ単体だとVPSの方がずっと安いし。

tDiary久しぶりにアップデート

tDiaryは定期的にアップデートされているので、本当はもっと頻繁にやるべきですが、実は現環境(rbenv+rack + thin)に移ってずいぶん経つのにまだ慣れてなくてアップデートが遅れ気味でした。5.0.4にアップデートしました。

ほんとはとても簡単にアップデートできるのですが、経験上、簡単なものは、つまずくと途端に手こずります。今回も問題があって時間がかかってしまいましたが、ようやっと要領をつかんだので次からはスムーズにできるでしょう。

バージョン表記復活

で、それでまたバージョン表記が表示されるようになっています。今まで隠していたのは、バージョンをさらすとセキュリティ上問題があるから、ではなく、「”バージョン隠したほうがいいですよ”と"老婆心ながら"指摘するセキュリティ厨」対策、でもなく、あまりどういうもので動いているということを意識しない/させないサイトデザインにしようと考えたからで*1。ただバージョン表記を完全に隠すのは結構面倒で。プラグインでポンと隠せるものでもないようなのですね。とりあえずこのままでいこうと思います。

*1 だいたい、tDiaryのバージョンは、人の目に見えないようにしても、HTMLのMETA要素で出力されているので


2017年03月16日(木) [長年日記]

サーバのディスク容量を(事実上)拡張

# df -h
Filesystem       Size  Used Avail Use% Mounted on
   :              :
   :              :
pleione-storage  1.0P     0  1.0P   0% /mnt/pleione-storage
このコマンドでペタバイトなんて初めて見た。

プロフィール

星を見る、本を読む、そこらを歩いてまわる・・・→詳しく

注目リンク

バックナンバー

過去の日記

サイト内検索