星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2019年02月21日(木) [過去の同じ日]

2019年3月の星空

2日、月が土星に接近
3日、月が金星に接近
21日、春分の日
27日、月が木星に接近
29日、月が土星に接近
メシエ天体全天体を一晩で観察するメシエマラソンのチャンスです。

VERAと野辺山45m鏡の観測で、長周期変光星4天体の一酸化ケイ素ガス分布が明らかになった

低周波電波で最新の「宇宙地図」作成、30万個の銀河を発見:AFPBB NEWS

[APoD] 渦巻銀河NGC 2903に接近する岩本彗星(C/2018 Y1)

京都大学「せいめい望遠鏡」見学会のニュース

[]

2019年02月20日(水) [過去の同じ日]

「はやぶさ2」タッチダウン運用!ライブ配信

2019年2月22日(金)6時45分~9時15分頃。

NHKとJAXAは、「はやぶさ2」の探査の様子を、現実データに基づき、スーパーハイビジョンCGで可視化を試みる

via Twitter@SubaruTakeshimaさん

林公代さん『市販望遠鏡で太陽系の果てに「惑星の材料」発見!アマチュア天文家の出番!?』(DSPACE 読む宇宙旅行)

記事後半にもありますが、日本のアマチュア天文家はこれまでにも天文学研究に大きな功績を残してきました。そんなアマチュア天文に新しい観測テーマが追加されるかもしれません。

「夕日かと思った」、スーパームーン観測:読売新聞

記事中の写真は超望遠だと思いますが、昇る地平線付近の月、それも満月ごろ(スーパームーン関係なく)の月は、感覚的にはこれくらいの大きさ、びっくりするほど大きく見えますね。
[]

2019年02月19日(火) [過去の同じ日]

小惑星命名キャンペーン「星に名前を」

日本天文愛好者連絡会による、国際天文学連合設立100周年記念 独自企画。小惑星につける名前の案を公募。

第3回「長野県は宇宙県」ミーティング

2019年2月23日~24日
木曽町文化交流センター(長野県木曽郡木曽町福島5129)
[]

2019年02月18日(月) [過去の同じ日]

2月20日の満月、0時54分に満月となるので注意

つまり、今年最も地球に近い満月は、「2月19日の夜」です。

さよならオポチュニティ 記憶に残る火星探査機:ナショナルジオグラフィック

小惑星ベンヌの周りに多数の微粒子が浮遊

[]

2019年02月16日(土) [過去の同じ日]

2月20日の満月は、今年最も地球に近づいた(したがって最も大きく見える)満月

「はやぶさ2」タッチダウン、管制室実況生中継の予告

[]

2019年02月15日(金) [過去の同じ日]

「はやぶさ2」プロジェクト、サンプル回収に使用する弾丸のテストに成功

クレーターを作る方ではなく、タッチダウン時に打ち込んで破片をサンプラーホーンで回収するためのもの。地上で保存していたものをテストし、長期保管後でも正しく動作することを確認しました。

宇宙データを「民主化」するTellusが、まもなくサーヴィス開始へ!:WIRED.jp

[]

2019年02月14日(木) [過去の同じ日]

天の川銀河の衝突は45億年後、新たな観測で修正:ナショナルジオグラフィック

NASA、火星ローバー「オポチュニティ」と最後の交信へ:月探査情報ステーション

結果は日本時間14日午前4時の記者会見で。
[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

サイト内検索

バックナンバー