星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2020年08月08日(土) [過去の同じ日]

原始星ができる前の分子雲コア32個を観測し、星が誕生するまでの進化過程を明らかに(アルマ望遠鏡)

鳥嶋真也さん「NASA火星探査車『パーサヴィアランス』 - 史上初だらけのミッションの全貌」(マイナビニュース)

新たな夜空の暗さの指標「ダークスカイ・レベル」の提案

空の暗さを測定する装置としてよく使用されているSQM(Sky Quality Meter)測定値から17を引いた値を「ダークスカイ・レベル」として定義しませんかという提案。
SQMの測定値は、空が暗いほど大きく、理想的な暗い空は22、大都市圏の空は17。16になると「『夜空』の範疇ではなくなる」とのことで、17を引くと5段階で空の暗さを表せる、としています。

ボートル・スケール

すでにある、夜空の暗さを示す指標。 前述の「SQMの値」とは「単位立体角あたりの等級」のことですね。
[]

2020年08月07日(金) [過去の同じ日]

天の川銀河からの高速電波バーストを検出。発生源は「マグネター」か(sorae)

新型コロナウイルス感染症に対する地球観測衛星データの活用に向けた ハッカソンの開催結果について(JAXA)

[]

2020年08月06日(木) [過去の同じ日]

おおかみ座RU星の周りに複雑な渦状腕構造のガス円盤を発見

これまで見つかっていた、整った形の塵の円盤(直径60天文単位)より、ずっと巨大(直径1000天文単位)で複雑。

ベイルートで発生した爆発現場の前後の衛星写真

中央の埠頭、大きなクレーターができ、海水が入り込んでいます。周辺の建物もきれいになくなっています。 via Twitter@Archangel_HTさん
[]

2020年08月05日(水) [過去の同じ日]

"失敗した超新星"N6946-BH1の観測報告

Large Binocular Telescope、Hubble宇宙望遠鏡、スピッツアー赤外線宇宙望遠鏡による観測。2009年にアウトバーストを起こしてから光学的には消滅。 チャンドラX線宇宙望遠鏡では観測できず。

星空フォトコンテスト2020~それぞれの宙を見上げて~(ビクセン)

オリオン座における「もうすぐ星が生まれる場所」目録完成、「謎の二つ目玉」原始星の発見(国立天文台野辺山)

鳥嶋真也さん「形成直後の“赤ちゃん銀河”を発見、宇宙最後の銀河の可能性も - 東大など」(マイナビニュース)

「国立天文台水沢の予算確保を」市が国に要望/岩手・奥州市(岩手放送)

[]

2020年08月04日(火) [過去の同じ日]

2020年7月2日の大火球由来の隕石、2つめが発見された

最初の隕石の発見地から1km離れた船橋市内で、アパートの屋根瓦を壊して駐車場に落下していたとのこと。

隕石の命名ガイドライン(The Meteoritical Society)

新発見の隕石は、最初に発見された地点に近い地理的な場所にちなんだ名前で、あいまいさがなく、広く使われる地図上に表示される恒久的な名前を付けなければならない、とあります。

ネットを検索すると「郵便局の名前を付ける」などというのがみつかりますが、ガイドラインによればよくある誤解だそうです。

夜空の明るさを測ってみました!(神津島村役場)

「星空保護区の認定を目指している神津島村では、島内における光害(ひかりがい)の状況を把握するため、専用の機器を用いて独自に夜空の明るさを測定しています」(本文より)
[]

2020年08月03日(月) [過去の同じ日]

クルードラゴン、ISSから分離、地球への帰還へ

日本時間8月3日午前4時前、フロリダ州ペンサコラ沖のメキシコ湾へ着水を予定。

木星のような巨大惑星がなければ、恒星系には最大7個、居住可能な惑星が存在し得る、かも

秋山文野さん『クルードラゴンがISSから帰還。同じ機体に星出宇宙飛行士が搭乗へ』(Yahoo!ニュース)

[]

2020年08月02日(日) [過去の同じ日]

「あつまれ、どうぶつの森」で、おりひめとひこぼしの服をゲーム内発売

アジアのユーザになじみやすいよう、日本の七夕に相当する「牛郎織女の日」の旧暦7月7日に向けて開催とのこと。 via Twitter@kagakunotobiraさん

さじアストロパークが、先日打ち上げられたアメリカと中国の火星探査機を撮影

京都産業大学神山天文台のWEB天文学講座

8月1日に廣瀬匠さん(アストロアーツ)の講座が配信されましたが、8月中にあと3回の講座が予定されています。

Mars Week 3 - 火星観測週間 2020

8月1日からスタートしました。

4.3億光年という近さに、生まれたばかりの銀河

酸素量の最低記録更新、ほとんどの星が1000万年以内に形成されたと考えられる銀河。
[]

脳内BGM

「天体観測」 (BUMP OF CHICKEN)

バックナンバー