星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2019年06月20日(木) [過去の同じ日]

スカイ&テレスコープ誌、アメリカ天文学会傘下に

同誌は、オーナー企業の破産申請により行く末が危ぶまれていました。

アルマ望遠鏡で、観測史上最古の合体中の銀河の証拠をとらえた

「最遠=最古」ということで。
[]

2019年06月19日(水) [過去の同じ日]

ドキュメンタリー映画「アポロ11:ファースト・ステップ版」

アメリカ公文書記録管理局から発掘されたアポロ月面着陸の未公開70mmフィルムの映像と音声を、4Kデジタルリマスター技術で編集したドキュメンタリー映画。ナレーションやインタビュー映像等を入れず、当時の映像と音声だけで構成。アメリカで3月から上映されていた劇場版映画の再編集版とのこと。全国10か所の科学館・博物館で公開。

予想外に軽かった銀河中心ブラックホール:アストロアーツ

2019年6月12日既報の件。
[]

2019年06月18日(火) [過去の同じ日]

天体望遠鏡や流れ星などをモチーフにした、ステンレス製のデザインクリップ 『エッチングクリップス』:ビクセン

2019年7月5日から発売。

秋山文野さん『中国が宇宙ステーションを国際開放、東京大学ほか9件の宇宙実験を受け入れ』ニューズウィーク

宇宙との境界から見下ろしたスプライト

ロサンゼルスからラスベガスに激しく落雷しているその上空に現れたスプライトを、国際宇宙ステーションから撮影。

前原寅吉の功績たどる 天体研究家が八戸訪問:デーリー東北

1910年のハレー彗星の太陽面通過観測に成功したアマチュア天文家。

首都高、夏至と七夕に5つの橋梁をライトダウン…約2000kWhの電力削減:レスポンス

[]


2019年06月15日(土) [過去の同じ日]

日本スペースガード協会 第 54 回公開講演会

日本スペースガード協会
関西支部長 今谷拓郎

第 54 回公開講演会のお知らせ
◇ 日 時:2019年7月13日(土) 13:30~ 16:30
◇会 場:兵庫県私学会館 202号室
神戸 JR、阪神 元町駅 北側すぐです。
http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html

◇主 催:日本スペースガード協会関西支部
◇講演者:作花 一志先生(京都情報大学院大学教授)
◇演題:「おかしな小惑星」

参加費 無料
定員 21名

今回は終了後、懇親会も開催します。
懇親会は神戸元町近郊で開催します。

3500円~4000円(予定)

先着順で受け賜ります。講演会参加

、及び懇親会も参加、またはいずれかのみのご記入お願い致します。
申し込み先:以下の電子メールアドレスに
講演会の参加及び懇親会の参加有無を記載の上
送信ください。
電子メールアドレス

takuro.imatani[アットマーク]nifty.com
※[アットマーク] を @ に変換ください。


〆切6月30日

ふるってご参加お待ちしております。

天文・科学情報スペース企画展「時の記念日・天文台の時計たち」

6月10日の「時の記念日」100回目を記念して開催中。
2019年6月7日(金)~7月7日(日)
東京都三鷹市、天文・科学情報スペース

県民衛星打ち上げよう 宇宙へ広がる夢 福井でプロジェクト:毎日新聞

秋山文野さん『インド、月探査機チャンドラヤーン2を7月15日打ち上げ』(Yahoo!ニュース)

秋山文野さん『インド、独自の宇宙ステーション構築を表明』(Yahoo!ニュース)

[]

2019年06月14日(金) [過去の同じ日]

椛島冨士夫さんと西山浩一さんが発見した天体は、5月13日に出現した、下記新星と同一の天体でした

(ご指摘ありがとうございます)

GLOBE at Night

6月24日(月)~7月3日(水) 対象:ヘルクレス座

日本の天文衛星も影響を受けた流転のウクライナ製ロケット、カナダで受け入れへ | ニューズウィーク

「Nano-JASMINE(ナノジャスミン)」を打ち上げる予定のロケットだったようです。

秋山文野さん『海洋プラスチックごみを衛星画像で発見、追跡技術の開発へ』(Yahoo!ニュース)

エウロパで食塩(塩化ナトリウム)を検出

下記JPLの記事タイトルに「Table Salt」とあるように私たちの生活に身近な物質が検出されました。エウロパの地下海は、これまで考えられていたよりも地球の海と化学的には似ているかもということです。
[]

2019年06月13日(木) [過去の同じ日]

惑星協会、宇宙ヨットLightSail 2を24日打上げへ。周回軌道上で管制制御に挑戦:Engadget

アメリカ天文学会、スターリンクなどの衛星コンステレーションについて見解を発表

大規模な衛星コンステレーションが天文学に及ぼす影響を最小限にとどめるために、AASやその他の科学団体、民間企業が協力することを要望。自然の夜空は天文学者だけでなくすべての人にとっての資産であり、その劣化は天文学以外にも多くの悪影響を及ぼす、とも。

王立天文学会による、スターリンク衛星についてのステートメント

天文学への影響だけでなく、先史時代からの人類の歴史を通して親しまれてきた夜空の景色への重大で持続的な影響を懸念。天文コミュニティの懸念をはるかに越えた問題。夜空は人類の文化遺産の一部であり、保護に値する。スペースX社をはじめとする衛星プロバイダに、科学者や技術者と協力して、この人類の資産に対する影響の軽減に努めるよう勧める。
[]

脳内BGM

バックナンバー