星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2019年08月16日(金) [過去の同じ日]

Astronomy Picture of the Day:ペルセウス座流星群と北斗七星

中国・那拉提大草原(The Nalati Grassland)で見たペルセウス座流星群。2時間の間に撮影された7フレームをコンポジット。 地平線のすぐ上に、下方経過する北斗七星があります。 タイトルの「Plough」は、牛や馬や(現代なら)トラクターで牽いて畑を耕す犂、北斗七星のこと。

Nature ハイライト:反復しない高速電波バーストの位置が特定された

2019年7月5日の話題の件。反復しない高速電波バーストの位置を特定した研究はもう一件あります。

マウナケア観測所群の「運用再開」の共同声明と、国立天文台ハワイ観測所の現状について

VSOLJニュース 第356号『藤川さんがオリオン座に新星を発見』

「不可能な」白色矮星をケプラーのデータから検出

0.15~0.3太陽質量の白色矮星は、元の恒星の質量も軽いと思われます。しかし、そのような恒星の寿命は宇宙の年齢よりも長くてまだ白色矮星の段階に達していないと考えられます。そこで、そのような白色矮星は、元は近接した連星で、パートナーの星に質量を奪われてしまい、白色矮星に進化した時の質量が非常に軽くなったと考えられてきました。

ケプラーが発見したKIC 8145411は、ホイップル天文台とすばる望遠鏡での観測により、太陽に似た恒星と0.2太陽質量の白色矮星の連星系と確認されました。しかし、両星の距離は1.28天文単位と、質量移動が起こるには離れすぎています。

この連星はたまたま地球から見て軌道を横から見る位置にあるため発見されたので、このような連星の氷山の一角にすぎないだろうとのこと。

KIC 8145411は"Self-lensing"(自己重力レンズ?)天体です。普通、伴星が主星の前を横切ると光度は暗くなりますが、逆に重力レンズ効果により明るくなります。

[]

2019年08月15日(木) [過去の同じ日]

Sky-Watcherの自動導入経緯台AZ-GTiについてのレビュー

HIROPONさんによる。Sky-Watcherブランドの紹介に始まり、AZ-GTiの細部にわたり特徴や注意点を解説。まだ保有していない人にとって、とてもよい判断材料になります。 Sky-Watcherブランドを展開するSynta Technology社、望遠鏡業界のシェア世界第1位とか。OEM生産を主に展開してきていたそうで、実は同社製品のユーザーでした、ということも多いかもしれません。

Sky-WatcherのマクストフカセグレンMAK127SP

HIROPONさんによる。OEMとして長年供給されているモデル(ビクセンMC127Lもそうだとか)で、すでに所有者も多いかも。

お笑いコンビ「カンニング」の竹山さん、TMT問題について

先住民に対する土地の収奪の歴史や現地の空気などにも言及。 via Twitter@handaaomiさん

ブラックホールがわずか2時間で75倍も明るく輝き天文学者も「前代未聞」と驚嘆:GIGAZINE

秋山文野さん『月面にクマムシ持ち込みは問題ないのか? 「惑星検疫」の国際ルール』(ニューズウィーク)

月探査情報ステーションの自由研究・工作お助けページ

[APoD] 超新星爆発ではじき出されたパルサー

超新星残骸CTB 1から毎秒1,000キロもの高速で移動するパルサー。どのようにしてこれほどの高速ではじき出されたのかはまだわかっていません。

このパルサーは、ボランティア型分散コンピューティングプロジェクトの「Einstein@home」で発見されました。

Einstein@Homeの目的は、新しいパルサーを発見すること、さらにパルサーからの重力波を直接検出することです。

そのために重力波望遠鏡 LIGO、アレシボ電波望遠鏡、フェルミガンマ線観測衛星のデータを解析します。解析用のコンピュータリソースのボランティアでの提供を募っています。提供方法は、専用のプログラムをインターネットに接続されたPCなどにインストール、プログラムは常駐し、CPUの空き時間を利用してデータ解析を行います。誰でも参加可能(対応OSはWindows、Linux、Mac OS X、Android)。

2019年ペルセウス座流星群速報(国際流星機構)

via Twitter@sinus_iridiumさん

NASA、オシリス・レックスの着陸候補地点を4か所に絞り込む

2019年12月には最終候補地2か所(主目標、バックアップ)を決定するとのこと。

『木星に巨大な何かが衝突したっぽいです』(ギズモード)

2019年8月12日既報の件。
[]

2019年08月12日(月) [過去の同じ日]

mei/nekoさんによる7月2日チリ日食のレポート

ツアーではALMA望遠鏡見学も予定されていましたが、山頂施設の見学は、mei/nekoさんは事前の健康診断でOKが出なかったとのこと。

実は「星ナビ」2019年9月号のレポートで、「山頂施設の民間ツアーの見学は初めて」「今後公開を行うかは白紙」みたいなことを軽く書いてたのですが、「いやこれで実績できたからぜひやってよ」みたいな声が出そうに思いました。

しかし、以前、山頂施設を見学されたある天文関係者から、事前に健康診断があって、引っかかると登れないとか、登ったけどたちまち高山病にかかって下山を余儀なくされたとか、大変な話を聞いていたので…

アメリカ・テキサス州のアマチュア天文家が、木星に、小天体の衝突によると思われる閃光を観測

使用機材はセレストロン EdgeHD とZWO ASI290MM カメラ。衝突発光の検出用ソフトウェア「DeTeCt」で検出。
[]

2019年08月11日(日) [過去の同じ日]

スピッツアー赤外線宇宙望遠鏡がNGC5866銀河を撮影

直径6万光年の銀河ですが、ちょうど真横を向いているため、渦巻銀河なのかレンズ銀河なのかよくわかっていないとのこと。

秋山文野さん『「5G通信で気象予報の精度低下」NASA、NOAAとFCCの論争が激化』(Yahoo!ニュース)

いて座A*が一晩で75倍の増光。過去最高の明るさに

マウナケア山頂、運用再開へ

山頂へのアクセス道路はTMT反対派により封鎖されたままですが、封鎖を迂回して登る事に反対派や地元行政と合意したようです

ペルセウス座流星群の流星、KAGAYAさんが捉えました

[]

2019年08月10日(土) [過去の同じ日]

冥王星に新たな地名を承認

海王星の外側の惑星の存在を予言した(それに基づいて捜索を行ったクライド・トンボ―が冥王星を発見した)パーシヴァル・ローウェルや、気球に乗って成層圏に到達した後、深海潜水艇バチスカーフで深海を目指したオーギュスト・ピカール*1に由来する命名が含まれています。金星とハレー彗星を探査したソ連の探査機ベガ1号とベガ2号に由来する名前も。

*1 彼の息子のジャック・ピカールが、トリエステ号でチャレンジャー海淵に到達

8月10日の八重山高原星物語2019は中止

台風のため。

小惑星ベンヌの地名は神話上の鳥にちなんで名付けられることが決定

9月11日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)打ち上げ

ハッブル宇宙望遠鏡による新しい木星の画像

[]

2019年08月09日(金) [過去の同じ日]

8月10日 水星が西方最大離角

日の出前の東の低空に現れます。

8月12日の夜、月と土星が大接近

月にクマムシが生存の可能性?

4月に着陸に失敗したイスラエルの月着陸機「ベレシート」には、仮死状態のクマムシが載せられていたとのこと。
[]

2019年08月08日(木) [過去の同じ日]

ペルセウス座流星群直前情報

紹介済orよく知られたリンク先が多いですが。 8月13日夜明け前の1時間程度が勝負?

ペルセウス座流星群の基本情報。
観測ガイド。

国立天文台水沢の電波望遠鏡を使って、高校生が水メーザの観測に挑戦

アストロノミー・パブ9月「EHTメンバーが語る、ブラックホール撮影の舞台裏」

2019年9月21日 18時30分~20時30分。三鷹ネットワーク大学
講師:本間希樹さん(国立天文台 水沢VLBI観測所 教授)、永井洋さん(国立天文台 アルマプロジェクト 特任准教授)、梅本智文さん(国立天文台 野辺山宇宙電波観測所 助教)

ショッピングモールでの観望会 : ほしぞloveログ

電子観望セットで観望会に参加されている人のブログ。雲が広がる中、晴れ間を狙ってM57、M27を導入したとのこと。街中の星空観察会では電子観望は有力な選択肢です。

自動導入経緯台AZ-GTiを使おうと四苦八苦されるご家族のサポートの話も。天体望遠鏡そのものの扱いに慣れていない上に、モバイルコンピューティングのスキルも要求される(それも読む限りでは独特の癖が)のでなかなかハードルが高いようです。

小惑星ベスタは、太陽系初期の45.25億年前に巨大衝突を起こしていた

ベスタから飛来したとされる隕石の形成年代の研究から明らかに。

国立天文台野辺山、来年以降の特別公開の規模を縮小との報道

[]

脳内BGM

バックナンバー