星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2019年11月21日(木) [過去の同じ日]

『「クイーン」のブライアン・メイさん、京大花山天文台に支援のメッセージ』(毎日新聞)

『韓国の月探査計画、打ち上げ予定が約2年延期されて2022年に』(月探査情報ステーション)

『中国の火星探査機が初公開される』(月探査情報ステーション)

ビクセンの"宇宙グッズ"を詰め込んだヴィレッジヴァンガード限定の福袋

『AIが変える 天体観測の常識』(NHKオンライン サイカルジャーナル)

東京大学木曽観測所のトモエゴゼンと、それで観測したデータをAIで解析する手法について。京都大学の「せいめい」望遠鏡とも連携。

ブックレット『From Medicine to Wi-Fi Technical Applications of Astronomy to Society』(国際天文学連合)

JAXA、来年1月8日に観測ロケットS‐310-45号機を打ち上げ

宙ツーリズム推進協議会による宙フェス 東京 出展レポート

[]

2019年11月20日(水) [過去の同じ日]

ほうおう座流星群出現の可能性?

謎の爆発現象AT2018cowの正体に、偏光観測で迫る(アルマ望遠鏡)

帆船「みらいへ」によるパラオまでの船旅

日本-パラオ共和国の国交樹立25周年を記念するヨットレースに伴走。年末年始を挟む19泊20日。その間、同行するJAMSTECの研究者による海洋調査などが行われます。 天文とあまり関係ないのですが、情報提供がありましたので(同船ではときどき天文関係のプログラムが企画され、参加したご縁があります)。
[]

2019年11月19日(火) [過去の同じ日]

オリオン座の分子雲「オリオン座A」の赤外線画像

太陽観測衛星「ひので」による、水星の太陽面通過(X線)

『人類4台目の重力波望遠鏡、日本が誇る「KAGRA」がついに完成(3) 重力波の発生源を正確に特定せよ!- KAGRAと世界の大挑戦』(まいなびニュース)

国友一貫斎の反射望遠鏡の鏡の精度は現代の望遠鏡とそん色ない

『「星」を好きな少年が天文学博士になるまでの過程を聞いてみた』(マイナビ)

国立天文台 副台長の渡部潤一先生。
「他の学問にはない面白さとして、一般の人たちと現象を共有できるという点があげられると思います」
(中略)
「アマチュアが活躍できる分野については、「Xの学問」と「Yの学問」というのがありまして……」
語尾が「Y」の学問はアマチュアが活躍できる、と。

火球の「音」が捉えられている

発光と同時に音がしているので衝撃波音でないのは明らかです。明るい流星が流れた際に同時に音が聞こえたという話は昔からありますが、いまだ良くわかっていません。

ジャコビニ・ツィナー彗星 (21P/Giacobini-Zinner)から複雑な有機分子を検出

自宅で衛星データ解析が学べる e-Learning「Tellus Trainer」

11月21日から開始。
[]

2019年11月18日(月) [過去の同じ日]

ほうおう座流星群の流星が観測されたようです

11月22日、日本初の光害防止条例制定から30年

1989年11月22日に美星町光害防止条例が制定。岡山県美星町は井原市と合併し、条例は「美しい星空を守る井原市光害防止条例」となっています。

国立天文台野辺山、筑波大学農林技術センター八ヶ岳演習林、

信州大学農学部野辺山ステーション地元感謝デー 2019年12月7日、南牧村農村文化情報交流館(ベジタボール・ウィズ)

金星探査機「あかつき」の観測成果についての記者説明会

ネット中継を予定。2019年11月19日(火)14:00~15:00
[]

2019年11月17日(日) [過去の同じ日]

2019年11月22日白昼(日本時間)、いっかくじゅう座アルファ流星群がアウトバーストの予想?

via Twitter@BLACKPANDA_SHANさん 【参考】

2019年11月24日、金星と木星が大接近。

星図は日没60分後の西空。円の大きさは直径7度。

「星空の散歩道」第150回ファイナル企画渡部潤一×武田双雲 対談&ファンミーティングイベント

国立天文台副台長・渡部潤一先生の連載「星空の散歩道」(三菱電機 from ME:DSPACE)、150回(最終回)は書道家・武田双雲氏との対談を掲載の予定。対談とファンミーティングの参加者を募集とのこと。
日時:12月2日。

宇宙空間に広がる素粒子の運動を探る – ブラソフ方程式の高精度シミュレーション:academist Journal

スペースワン(株)のロケット発射場の起工式が開催された

発射場の名称は「スペースポート紀伊」。

焼き鳥の缶詰が宇宙食に

(株)ホテイフーズコーポレーションの「やきとり缶詰」がJAXAの「宇宙日本食」認証を正式に取得。

イタリア滞在中の松本零士氏、体調不良で病院搬送

一時、重体と報じられたりましたが、生命に別条はなく、現在、病院で眠っていて状態は落ち着いているとのこと。
[]

2019年11月15日(金) [過去の同じ日]

銀河系(天の川銀河)を時速約600万キロの超高速で移動している恒星を発見

秋山文野さん『スペースX、2回目のスターリンク衛星60機を打ち上げ成功。ネット接続サービスは2020年提供開始へ』(Yahoo!ニュース)

Unistellar社、デジタル天体望遠鏡「eVscope」の日本でのクラウドファンディングを開始予定

2017年、米・SETI研究所と仏・Unistellar社が「Kickstarter」で資金調達していた望遠鏡。
11月15日から大阪と東京でデモンストレーションを予定とのこと。

ニューホライズンズが探査した外縁天体、愛称と異なる名前が命名された理由

via Twitter@terakinizersさん

大マゼラン雲での大質量星の誕生をとらえることに成功

大質量星の形成過程はよくわかっていない。

市民講演会「うつくしい夜空をこどもたちに」

2019年12月3日 18時30分から
名寄市民文化センター東館 大会議室

林公代さん『宇宙×防災、3.11の教訓から生まれた防災ゼリー 災害時にも介護食にも、「極限環境」でもおいしく健康に』(JBpress)

【WEB】高屋友里 宇宙法研究ノート space law notebook

[]

2019年11月14日(木) [過去の同じ日]

「Ultima Thule」(2014 MU69)が正式に「Arrokoth」と命名

ニューホライズンズが探査した外縁天体。

『すばる望遠鏡との30年:天文学者・林左絵子「宇宙の果てを知りたくて」』(nippon.com)

〝さよならリュウグウ〟キャンペーン

リュウグウや「はやぶさ2」についてのメッセージを募集

『はやぶさ2、帰還の鍵はイオンエンジン 開発者「宇宙は甘くない」』(産経ニュース)

鳥嶋真也さん『人類4台目の重力波望遠鏡、日本が誇る「KAGRA」がついに完成(1) 重力波とはどんなもの? その特徴や観測の歴史をおさらい』(マイナビニュース)

東京大木曽観測所に設置されたライブカメラがとらえた火球

彗星着陸機フィラエのチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星着陸から5年、ESAが動画を公開

ESAの技術実証衛星Proba-2が水星太陽面通過を撮影

マウナケア山頂付近でマグニチュード 4.9 の地震

ハワイ時間11日午前6時半ごろ。重大な被害はなし。すばる望遠鏡は観測中止。
[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー