星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2018年02月23日(金) [過去の同じ日]

アルゼンチンのアマチュア天文家が発見した超新星は、「ショックブレイクアウト」と呼ばれる、爆発の瞬間の段階だった

(最初「チリのアマチュア天文家」としていましたが、アルゼンチンの誤りでした)

国立天文台野辺山宇宙電波観測所「電波天文観測実習」2018年の募集

大学の学部学生が対象。

2017年度日本天文学会各賞

日本天文学会2018年春季年会

2018年3月14日~17日
千葉大学 西千葉キャンパス(千葉県千葉市)

ニュートンプレス、科学雑誌『Newton』の編集記者(正社員)を募集

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」(「空宙博(そらはく)」)がリニューアルオープン

IST社の「MOMO」2号機に、高知工科大学のインフラサウンドセンサーを搭載

THE NORTH FACEの最強宇宙船テント

台風でもびくともしないとか。 観測の仮眠スペースに?
[]

2018年02月22日(木) [過去の同じ日]

2018年3月、月を手がかりに木星、火星、土星を探す

木星、土星は目印がなくてもかなりわかりやすいですが、火星はまだまだ。

2018年3月、水星が夕方の西空で探しやすいかも

金星が目印になりそうです。
[]

2018年02月21日(水) [過去の同じ日]

国立天文台今週の一枚:VERA石垣島観測局と夏の天の川

イプシロンロケット3号機打ち上げ写真 入賞作品を発表

2月25日、H-IIAロケット38号機による情報収集衛星光学6号機の打ち上げ

打ち上げ予定時間帯は13時00分~15時00分。

水星磁気圏探査機MMOの愛称と探査機に搭載するメッセージを募集

NHK文化センター仙台教室:古代ギリシャの星座にせまる

講師:藤村シシンさん(ギリシャ神話研究家)
2月25日、NHKカルチャー仙台教室(宮城県仙台市青葉区立町27-21)
「古代人はなぜ荒唐無稽で教育に悪い神話を星空に残したのか?」(WEBの案内より)
[]

2018年02月20日(火) [過去の同じ日]

第12回 星空案内人シンポジウム

2018年3月4日(日)、5日(月)、兵庫県姫路市。

石川県柳田星の観察館「満天星」のYouTubeチャンネル

小山ヒサ子氏による50年におよぶ太陽黒点スケッチのデータベース

「一人の観測者がこれほどの長期にわたって行った太陽の観測記録は、世界的にも非常に貴重なもの」(WEBより)

ファルコンヘビーによって打ち上げられたテスラ・ロードスターの現在位置

電波望遠鏡が動く

[]

2018年02月19日(月) [過去の同じ日]

アンドロメダ銀河は地球より若い?

現在のアンドロメダ銀河は18億~30億年前に2つの銀河が衝突して形成されたというシミュレーション結果が発表されたとのこと。

宙ツーリズム推進協議会による講演会・デジカメ星空診断講習会

2018年2月24日、 八ヶ岳グレイスホテル(長野県南佐久郡南牧村野辺山217-1)
第1部講師:縣秀彦さん(国立天文台准教授・宙ツーリズム推進協議会代表)
第3部講師:小野間史樹さん(星空公団)

星のソムリエ京都、3月11日から講座受講生の募集を開始

ファルコンヘビーで打ち上げられたテスラ・ロードスターの今後の軌道をN体シミュレーションした論文

この先100万年以内に地球または金星に衝突する確率はそれぞれ6%と2.5%。数千万年は太陽を回る軌道に留まりそうとのこと。
[]


2018年02月16日(金) [過去の同じ日]

オシリス・レックスが地球と月を撮影

林公代さん:それでも月を走る!HAKUTOが諦めない理由(三菱電機 DSPACE)

[]

脳内BGM

「春よ、来い」

トピックス

◆ 2018年2月2日
レグルス食(名古屋以東)
◆ 2018年2月17日
月が金星に接近
◆ 2018年2月23日
月が、ヒアデス星団、アルデバランに接近
◆ 2018年3月24日
月面X 17h10m頃 東京の日没(17h57m)
(日付はすべて日本時間)

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。