星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。


2020年06月05日(金) [過去の同じ日]

超巨大ブラックホールの新たな形成メカニズムを「アテルイⅡ」で導き出した

北斗七星の中心に、真円に近い30度の紫外線の円弧を発見

10万年ほど前に、銀河面の60度上方、600光年ほどの距離で星の爆発があり、その衝撃波が広がっていると推定されるとのこと。この方角は星間物質が少なく澄み切っており、銀河系外の研究や宇宙論的な研究のためによく利用されているそうで、そのような宇宙の窓は星の爆発によって形成されたのかもしれないとのことです。発見にはアマチュア天文家も貢献。

フェルミ・バブルを初めて光学的に捉えた

フェルミ・バブルは、銀河系の中心から銀河面の上下方向に差し渡し5万光年にわたって広がる、巨大なガンマ線の泡状構造。
[]

2020年06月03日(水) [過去の同じ日]

『アンドロメダ座PQ、32年ぶりのアウトバースト』(VSOLJニュース)

『“プラネタリウム”は上演回数を半分に…入館前に「手の消毒」「検温」さらには「靴底の消毒」も 』(東海テレビ)

名古屋市科学館。

『“天の川”モチーフの「シチズン エクシード」。7時7分に織姫と彦星が出会う』(Impress Watch)

宙ツーリズム推進協議会、「日食グラス」を2000枚プレゼント

応募方法は、Twitterで宙ツーリズム推進協議会のアカウント(@soratourism)をフォローし、下記のツイートをリツイート。6月3日(水)23:59まで。

1987年に初めて発見されたアインシュタインリング「MG 1131+0456」までの距離は100億光年(sorae)

国立天文台野辺山を取り上げたTV番組が受賞

テレビ信州「カネのない宇宙人 閉鎖危機に揺れる野辺山観測所」。
NPO法人 放送批評懇談会 第57回ギャラクシー賞。
[]

2020年06月02日(火) [過去の同じ日]

TMTに関する米ハワイ州での最新の世論調査

いくつかありますが、83%の住民は、TMTへの反対は、先住民が置かれてきた、より大きな問題に関するものであると考えている、ということに注目しました。
[]

2020年06月01日(月) [過去の同じ日]

SpaceX、クルードラゴンの有人打ち上げに成功


報道

2020年6月21日未明から明け方、日本全国で部分日食

ちょうど日曜日。その時間太陽が見られれば自宅で楽しめるかもしれません。くれぐれも安全には気を付けて。適切な観測手段を取らずに観察することは(たとえ肉眼でも)危険です。観察の注意点等はリンク先後半に。
[]

2020年05月31日(日) [過去の同じ日]

プラネットナインは存在しないかもしれない

『NASAの探査衛星TESS、蒸発しつつある系外惑星を検出か』(sorae)

2020年6月4日、水星が東方最大離角

その前の6月1日、地平高度が最も高くなります。東方最大離角より前の方が見やすいでしょうか。
[]

2020年05月30日(土) [過去の同じ日]

Beauty Without Borders April 2020

「美しいものに国境はない -- 世界中で、月と金星を、おうちで撮ろうキャンペーン」に世界中から応募が集まった、月と金星の画像がスライドショーに。

『宇宙空間に流出する月の炭素を初観測 月誕生の定説を覆す発見』(東京工業大学)

5月8日の話題関連。

『40億年前の月の自転軸は数十度ずれていた』(東京工業大学)

また、太古の月には大規模な磁場が存在していたとのこと。

イベントディスプレイ用、カミオカンデのシミュレーションデータ

『木星のトロヤ群に彗星を初めて発見』(アストロアーツ)

5月26日の話題の件。 (追記) 実はたまたまトロヤ群の位置にいただけだったようです。

極めて高温の系外惑星は酸化アルミニウムの雲やチタンの雨のような極端な天候を持つかも

ソーラーオービタ―探査機は、まもなくアトラス彗星(C/2019 Y4; ATLAS)の尾を横切る

5月31日から6月1日にイオンの尾を、6月6日にダストの尾を通過の予定。急遽観測を行うようです。
[]

バックナンバー