星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台。参加申し込み受付中。

2020年01月19日(日) [過去の同じ日]

スピッツアー赤外線宇宙望遠鏡、1月30日でミッション終了

[]

2020年01月18日(土) [過去の同じ日]

「星空も環境アセスメントの対象になる」という説が浮上とのこと

【書籍】「今夜F時、二人の君がいる駅へ。」(吉月 生、メディアワークス文庫)

「クリスマス間近、ベテルギウス超新星爆発を観測した日の夜。」タイムリー過ぎます。

オウムアムアとボリソフ彗星は本当に恒星間天体か?それともオールトの雲から来たか?

軌道の分布などの研究から、木星の10倍以上の質量の天体が太陽から数千天文単位まで近づかない限り、オールト天体がオウムアムアやボリソフ彗星のような軌道を取ることはなく、これらの天体は恒星間天体の可能性が高い。

衛星測位などの利用に悪影響を与えるプラズマバブルの観測レーダをタイ国内に設置

「SpaceXの人工衛星が明るすぎて宇宙研究を破壊してしまう」という懸念(GIGAZINE)

[]

2020年01月17日(金) [過去の同じ日]

合体銀河NGC 6240の超大質量ブラックホールを取り巻くガスを高精度で観測

岩本さん発見の彗星、正式に「C/2020 A2 (Iwamoto)」と命名

星空デートなら「日本一を冠する長野県の星空トリップ5選」がおすすめ:長野県公式観光サイト

令和二年歌会始、秋篠宮皇嗣殿下のお歌が

眞子内親王殿下のお歌も。 一般の方の詠進歌にも、星や望遠鏡や月が。 via Twitter@nasdaisasさん

GLOBE at Night 夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン

1月16日(木)~25日(土) 対象:オリオン座 / おうし座 / ペルセウス座。
環境省・星空観察推進事業とも連携。

環境省「星空を見よう」 デジカメでの調査のやりかた

[]

2020年01月16日(木) [過去の同じ日]

2017年4月29日未明、関西中心に目撃された火球は小惑星由来と判明

地球接近小惑星 (164121) 2003 YT1 と軌道が一致。この小惑星由来と思われるとのこと。

小惑星「ベンヌ」は、“くしゃみ”をするように岩石を宇宙空間に放出している:WIRED

「星景写真」インスタに10万件超…「宙ガール」がブーム後押し:読売新聞

地球最古の75億年前の物質を発見 国際研究チーム:BBC

太陽系の誕生よりも前から存在していた「プレソーラー粒子」と考えられる。

フィリピン・タール山噴火の噴煙の動き

「ひまわり」が噴煙の動きを、NASA、アメリカ海洋大気庁(NOAA)の「スオミNPP」が二酸化硫黄の分布を。 via Twitter@sinus_iridiumさん

「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」2020年 キャッチコピー募集

[]

2020年01月15日(水) [過去の同じ日]

徳島県の岩本雅之さんとクリミアのボリソフさん、新彗星を発見。

木星トロヤ群の小惑星(3548)Eurybatesに衛星

トロヤ群小惑星を探査する、NASAのLucyミッションの探査対象の一つ。

令和元年度 冬の星空観察(環境省)

石垣島天文台、「南十字星」モニターを公開

[]

2020年01月14日(火) [過去の同じ日]

金星軌道の内側をまわる小惑星を発見

軌道長半径0.5550936天文単位、離心率0.1779624。

板垣公一さん、おとめ座のNGC 4636に15等の超新星を発見(SN 2020ue)

2020年1月12日 17時20分56秒(世界時)の観測から。
発見位置:赤経12時42分46.780秒、赤緯+02度39分34.20秒
発見から3時間後に、せいめい望遠鏡で分光観測が行われ、Ia型超新星と確認されています。
[]

2020年01月13日(月) [過去の同じ日]

(株)ホテイフーズコーポレーション、宇宙日本食ロゴ入り「やきとり缶詰」を期間限定で発売

via sorae

姫路科学館企画展「はりまの星・日本の星」を見てきたレポート

[]

脳内BGM

しあわせ運べるように (臼井 真 作詞/作曲)

バックナンバー