星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2017年03月30日(木) [過去の同じ日]

青森県の麦畑に、上空からの落下物による大きな穴?

115億年前の宇宙で、中世水素ガスが原始超銀河団を覆い包むように広がっていることが明らかに

アストロアーツ:銀河中心から放り出された超大質量ブラックホール

3月28日の件の日本語記事。
[]

2017年03月29日(水) [過去の同じ日]

4月1日、水星が東方最大離角

銀河中心の超巨大ブラックホール周辺から吹き出した物質で星が形成されている

ESOのVLTでの観測で発見。

2017春 星空案内in西宮ガーデンズ

5月6日 阪急西宮ガーデンズ。

オシリス・レックスのカメラは期待以上に良好に動作することを確認

オシリス・レックスは地球のトロヤ群小惑星を捜索。小惑星は発見されませんでしたが、カメラの動作テストは成功。

宙ガール.com:お家から見える1等星☆明るさベストテン!!

2014年4月30日付の記事。同ブログで一番読まれ、Googleでの「一番明るい星」の検索順位はWikipediaより上だそうです。

トラピスト1に生命が存在したら、微生物は惑星間を移動可能

まあ生命が存在すればですが。
[]

2017年03月28日(火) [過去の同じ日]

重力波で銀河中心から蹴り出された?超巨大ブラックホール

銀河系から80億光年離れたクェーサー3C 186は、太陽の10億倍以上の質量を持つ、確認された中で最大の超巨大ブラックホールと考えられますが、通常そこにいると考えられている銀河中心から35,000光年も離れた位置にあり、さらに地球-月間を3分で通り過ぎるほどの高速で銀河の外へ移動しています。このペースだと2000万年後には銀河から飛び出すとのこと。

これには超新星爆発1億個分に匹敵するエネルギーが必要ですが、合体した2つの銀河の超巨大ブラックホール同士が合体した際に発生した重力波がそのエネルギー源ではないかという説が考えられています。

石垣市観光交流協会、星空ガイドの職業化や星空ツアーの起業を促進

[]

2017年03月26日(日) [過去の同じ日]

宙ガール.com:宙ガールについて考えた【星好きの定義って??】

2013年の記事です。「宙ガール」のみならず「星好き」の「定義」について。 とにかく「自分は星が好きだ」と感じるなら、望遠鏡使えなくても、星座がわからなくても、流星と彗星の区別がつかなくても、毎日星を見ていなくても、「星好き」を称してよいと、当サイトの中の人は考えます。

毎日新聞の「余録」で藤原定家「明月記」のオーロラの記述について取り上げられた

[]

2017年03月25日(土) [過去の同じ日]

Astronomy Picture of the Day:M108とふくろう星雲に大接近したタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星

近日点通過前後のチュルモフ・ゲラシメンコ彗星の変化

アストロアーツ:中央アフリカ共和国の強い磁場異常は隕石の衝突の結果かもしれない

なぜか「重力異常」と書いてしまっていましたが「磁場異常」の間違いです。全然違いますね、訂正します。

3月19日、日本海を覆う煙霧を宇宙から撮影

via Twitter@sinus_iridiumさん

フィリピンで42年前の日本製プラネタリウムがリニューアルオープン

鳥嶋真也さん「明らかになったジェフ・ベゾスの新型ロケット - Amazon宇宙便は実現するか」

林公代さん「大学生が作る宇宙フリーマガジン『TELSTAR』が拓く未来」

板垣公一さん、NGC4779に、おとめ座の15.9等の超新星を発見

SN 2017cjb。2017年3月23日13時58分42秒(世界時)の観測から。
[]

2017年03月24日(金) [過去の同じ日]

火星の衛星フォボスとダイモスは火星を取り巻く塵の環が集まってできたかもしれない

二つの衛星は現在火星に近づきつつあり、やがて崩壊して塵の環を形成すると考えられています。その塵がまた集まって…ということを過去43億年の間に3~7回ほど繰り返してきたのかも、と。 via Twitter@TeraKen0510さん

日経サイエンス2017年5月号の特集は「スターショット計画」

日経サイエンス:「特集:スターショット計画」から「日本の宇宙ヨット『イカロス』」

毎日新聞:藤原定家:日記の「赤気」はオーロラ 極地研などが解析

3月22日の話題

『宇宙兄弟』公式サイト:岩盤浴でプラネタリウム!?RAKU SPA 鶴見で体験してきました☆

【画像】M108に大接近したタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)

ちかくにふくろう星雲も。

東京都の嶋邦博さん、うしかい座のNGC 5685銀河に17.7等の超新星を発見

SN 2017B。2017年1月2日19時02分05秒(世界時)の観測から。
[]

2017年03月23日(木) [過去の同じ日]

4月1日、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)が地球最接近

竹内幹蔵さん:きらめく星 アルデバラン食(山陰中央新報)

島根県立三瓶自然館サヒメル天文事業室長の竹内幹蔵さんによる連載記事。
[]

脳内BGM

「春よ、来い」

トピックス

◆2017年 3月20日~29日
GLOBE at Night 3月
◆2017年 4月 1日夕方
アルデバラン(αTau 0.9等)の食
◆2017年 4月 1日
水星 東方最大離角
◆2017年 4月 1日
タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)が地球最接近
◆2017年 4月 8日
木星が衝
◆2017年 4月13日
タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/Tuttle-Giacobini-Kresak)が近日点通過
◆2017年 4月22日
4月こと座流星群が極大
◆2017年 4月30日
金星 最大光度(-4.8等)
(日付はすべて日本時間)

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。