星が好きな人のための新着情報

付きテキストは外部リンクです。はさらに別ウインドウ(タブ)で開きます。
※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2024年07月23日(火) [過去の同じ日]

2024年8月の星空

1日~7日、スター・ウィーク
4日、新月
7日、立秋(太陽黄経135度)
10日、伝統的七夕
10日、スピカ食
12日、ペルセウス座流星群が極大
13日、上弦
20日、満月
22日、処暑(太陽黄経150度)
26日、下弦
31日、二百十日
上旬、金星とレグルスが大接近
中旬、火星と木星が大接近

アンドロメダ パラシュートをSeestarで撮った人がいた

アンドロメダ パラシュートは重力レンズ天体です。z=2.377。おそらくアマチュアが見ることができる最遠の天体。いつか自分の45センチで狙ってみようと思っています。
[]

2024年07月22日(月) [過去の同じ日]

板垣公一さん、いて座に新星を発見

2024年 7月20.4552日(世界時)の観測から。発見時11.0等。
[]

2024年07月21日(日) [過去の同じ日]

「星空と宇宙:過剰な画像処理や合成 「星景写真」曖昧になるリアルとファンタジー」(毎日新聞)

星景写真のなかで、SNSを中心に拡散する、過剰な画像処理や合成を施した現実離れした写真を取り上げた記事。有料
[]

2024年07月19日(金) [過去の同じ日]

GLOBE at Night 夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン

2024年7月26日(金)~8月4日(日) ヘルクレス座 / はくちょう座

サマーホリデーin原村星まつり

2024年7月27日~8月12日

スター・ウィーク~星空に親しむ週間~ ”だって星が綺麗(きれい)だから”

8月1日から7日

南の島の星まつり2024

2024年8月3日~12日
沖縄県石垣市

第41回!!「胎内星まつり2024」

2024年8月23日~25日
新潟県胎内市胎内平
[]

2024年07月17日(水) [過去の同じ日]

『吾妻鏡』に記録されたSN 1181の超新星残骸

1181年の客星に相当する超新星残骸は長く不明でしたが、2019年に有力な候補「IRAS 00500+6713」が発見されました。この天体は赤外線やX線で明るく輝く星雲と中心の白色矮星「WD J005311」からなります。今回の研究で、SN 1181は白色矮星の合体によるIax型超新星であること、ここ数十年でまた活性化していることが分かりました。*1

*1 天体名やら超新星の型やらについていろいろ訂正しました(7/19)

シューメーカー・レヴィ第9彗星の木星衝突から30年

WGSBN Bulletin 4, #10

14天体に命名。

ホシフルサト ペルセウス座流星群 in 曽爾高原

世界最大級のドームをもつ多摩六都科学館・プラネタリウムの解説員が伝える星座、星、神話のおはなし『まんがで覚える 星座・星名と神話がわかる本』7/16発売(PRTIMES)

国立天文台 野辺山 特別公開

2024年7月20日オンラインイベント
2024年8月24日現地イベント
[]

2024年07月15日(月) [過去の同じ日]

すばる望遠鏡の朝日新聞宇宙部ライブカメラが、木下現象を捉えた

流星クラスター。一度に多数の流星が豆まきのように出現する現象。1997年に木下正雄さん達が同じハワイで発見したことから「木下現象」とも呼ばれる。
[]

2024年07月13日(土) [過去の同じ日]

「星空の下で見て・食べて・遊んで 涼しい!『星空夏祭り』7月26日(金)より開催決定!」(PRTIMES)

「【夏休みは星空に癒される】コニカミノルタプラネタリウムの解説員の監修書『神秘的で美しい星図鑑』を2024年6月に発売」(PRTIMES)

沖縄県国頭村独自星座「やんばるくいな座」制定

国立天文台によると天文学で使われる世界共通の88星座とは別に、自治体が星の配置を何かに見立てて独自の星座を作ることに制限はない(本文より)

「新しい星座が発見されたそうだが」「星座は発見するものじゃありません。人が決めたものです」

「高校生が開発した『宇宙の地図』に太陽系の3Dマップが登場!惑星のシミュレーション・AIによる解説機能を実装」(PRTIMES)

[]

脳内BGM

『情熱大陸』 (葉加瀬太郎)

バックナンバー

協力した天文キャンペーン

※いずれのキャンペーンもすでに終了しています。
■火星観測週間/マーズウィーク(2003年火星大接近 サイトはすでに閉鎖)