星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2017年04月26日(水) [過去の同じ日]

カッシーニが最後のタイタン接近を実施した

アルマ望遠鏡、10月からの1年間の科学観測サイクルに1700件以上の観測提案

国立天文台今週の一枚:渦巻銀河 NGC 2403

すばる望遠鏡:宇宙ライター林公代の視点 (25) : ブラックホールバスター 今西昌俊さん

[]

2017年04月25日(火) [過去の同じ日]

5月、ジョンソン彗星(C/2015 V2)とパンスターズ彗星(C/2015 ER61)が7等前後

テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」の「白熱!ランキング」4/6放送分のテーマはプラネタリウム

まだ録画が閲覧可能です。
[]

2017年04月22日(土) [過去の同じ日]

地球近傍小惑星2014 JO25を神戸市内から撮影

拡大してご覧ください。
小惑星2014 JO25
[JPEG]
クリックで拡大

撮影者:野村敏郎さん(東亜天文学会、神戸天文同好会)
12.5cm ライトシュミット EOS5D+光害カットフィルター
2017/04/19 23:20~23:40
露出30秒(間隔30秒)×20枚
撮影地:神戸市垂水区

木星氷衛星探査計画「JUICE」のWEBサイト

5月3日、月面X

19時30分頃。

こと座流星群の中継をウェザーニュースが予定

英語で サイエンスカフェ「宇宙」2017

2017年6月24日(土) 14:00~15:30
会場:多摩六都科学館

土星のリング越しに見る地球と月

カッシーニが2017年4月12日に撮影。地球の左側にかすかに月も写っています。
[]

2017年04月21日(金) [過去の同じ日]

【書籍】ニュートン別冊 宇宙天体入門

国立天文台の渡部潤一副台長が解説。

林公代さん「『火星の月の石』を地球に持ち帰れ!世界初への挑戦」(DSPACE 読む宇宙旅行)

[]

2017年04月20日(木) [過去の同じ日]

星の子館、地球に接近した小惑星「2014 JO25」の撮影に成功

NASAによる、小惑星2014 JO25のレーダー観測

5月6日ごろ、みずがめ座η流星群が極大

ハレー彗星を母天体に持つ流星群です。「『三大流星群』に次ぐ規模で毎年活動している」(国立天文台のWEBより)。「南半球ではペルセウス座流星群並の年間最大流星数を誇る」(流星電波観測国際プロジェクト)、しかし日本からは放射点高度が低いため流星の数はぐっと減ります。日本での観測条件は「比較的好条件」とのこと。

小惑星2014 JO25の320秒間の動きを13秒で

[]

2017年04月19日(水) [過去の同じ日]

4月19日21時半ごろ、比較的大きな小惑星2014 JO25が地球に180万kmまで接近

月までの距離の4.6倍。サイズは650メートルほど。小惑星としては大きな方ではありませんが、これくらいのサイズとしては最も接近したものになります。地球に衝突する心配はありません。

こと座流星群観望会(宮城県)

4月22日(土)20:00-23:00 南三陸ホテル観洋

アストロアーツ:木星に見つかった「大冷斑」

[]

2017年04月18日(火) [過去の同じ日]

ナショナルジオグラフィック:史上初のブラックホール撮影、成否は数カ月後

[APoD] 200万個の星の100万年の動き

4月22日 4月こと座流星群が極大

今年の観測条件は良好。出現数は多くなく、例年1時間5個程度の出現状況。
[]

脳内BGM

トピックス

◆2017年4月18日~27日
GLOBE at Night 4月
◆2017年5月03日
月面X 20h30m頃
(日付はすべて日本時間)

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。