編集後記


2001年11月30日(金) 今日は記事がおお杉

いったい何件あったやら

国立天文台・天文ニュースが3件、VSOLJニュース1件、NASDAプレスリリース2件、そして珍しく「星の本」に登録があったのと紹介依頼があったので、書籍紹介あわせて2件、その他いくつか。。。死にそうになった。

これでこんなだから、Info-Starすご杉。読む方も大変でしょうねぇ、とか人ごとのように言ってみる。

いや、多すぎたら読まないか(笑)。

だいたいこういう時って

絶対間違いがあるのだ。今からヒヤヒヤしてます。

そしてPostfix

関係ないけど、仕事の合間にPostfixでSMTP Authやってみようとしてみた。どこかに、Kondara のPostfixはデフォルトでSMTP Auth対応だなんて書いてあったのだが、どうもうまくいかない。で、「コンパイルされてない」とかいう意味のログが出た(正確に何と出ていたか忘れてる)ので、SRPMをインストールしてSPECファイル見てみたら、対応しておらぬでわないか。

しょうがないのでSPECをちょこっと書き直してコンパイルしました。まだ試していません。

もちろん遊んでいるのではなく

Postfixも仕事のネタにするのだ。なにやってるかって? な・い・しょ(笑)

今、昼休み中。。。。

kondara-usersを読んでみたら

「対応済」というのはここで読んだのね。

でもすぐ後に「対応してないようなので」などと。。。

私がやったのと同じ手順でREBUILDしたらしいですが、うまく動いてなさげとか。

むむむ、やってみるかな。暇あるかな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

Info-Star [読む方も大変.... そうだよねぇ〜〜私もそう思います(笑)。時々、自分でもトリップしていますもの...(^^;)]

(ふ) [あ、どうも、お世話様です(汗)]


2002年11月30日(土)

(流れ)星の写真はどうやって撮るか

私は最近写真を撮らないので、だいぶ怪しくなってるんだけど*1、星の写真は、一番簡単な固定撮影なら、ISO400以上の高感度のフィルムを使用し、露出はバルブにして数分以上かけます。絞りは解放から一段絞ったぐらいがよいとされています。対象によりますが、固定撮影ならレンズも広角レンズなどを使った方がいいかもしれません。シャッターを押したときにブレないようにレリーズを使い、三脚もしっかりしたものが必要です。またレンズにはフードをかけた方がいいです。デジカメも同様のはずです。

具体的にどんな機材を使ってどれくらいの露出でというのは、Webのあっちこっちで公開されている天体写真の撮影データなど参考にしてください。流れ星なら、たとえばアストロアーツの2001年しし座流星群ギャラリーなど。最近はデジカメで撮ったのもありますね。流れ星はどこに流れるかわからないし、一晩ねばる覚悟がいります。

前述のアストロアーツのWebサイトには、「デジカメで天体写真」というコーナーもあります。

*1 と、逃げを打っておく(わら


2004年11月30日(火)

最大のライバルが帰ってくる

Info-Starが来年から再開の予定とのこと。

mixiからこの日記が見えない

見えないというか、日記のサブタイトル一覧が表示されない。先日からRSSをちゃんと取りにこれていない様子です。mixiにアカウントのない人には関係のない話ですが。


2006年11月30日(木)

久しぶりにGoogle Maps

マチュピチュ

やはりものすごい山の中です。街は画面の左上すぐ視野の外に一つあるだけです。画面ではすぐ側に川があるように見えますが、断崖絶壁の下です。川との標高差はどれくらいあるんだろう。だいたい、いつ撮影されたのかわかりませんが、山の陰は本当に暗くてよく見えません*1
ちなみに、「Machu Picchu」などとして検索すると微妙に(地球規模では)位置を外してくれます。

*1 CRTモニターのせいかもしれない。液晶だともう少し明るく見えるかも。

久しぶりにGoogle Maps(2)

ナスカの地上絵

かすかに見えているのは、ハチドリでしょうか。右下にもありますね。画面上、それから中央から左下に伸びているのは、いわゆる宇宙船の滑走路でしょう。空から見ると、この「滑走路」と何本も縦横に走る直線が地上絵の中で一番多く、また目立つのがわかります。

また、あちこちスクロールさせてみると、車の轍らしい二本線が結構たくさんあって思わず眉をひそめてしまいました。もっとも遺跡破壊という点では最大のものは画面右を走る道路でしょう。

2007年11月30日(金)

展覧会のバージョン

バージョン番号で呼ぶのは一般的なんでしょうか。

電車の広告で見つけました。

電子チケットぴあ 新システム移行に伴う、サービス一時停止のおしらせ

「○○展2007」なんてのはありそうですが、「第○回」と呼ばすに「バージョン○○」ですか。

それはいいんですが、なんなんですか、この中途半端なバージョンは。


2008年11月30日(日) 野外天体観測会2008年秋 2日目

和歌山市立こども科学館

昨日の続き。2日目は和歌山市立こども科学館へ向かいます。プラネタリウムを鑑賞し、特別展「プラネタリウム投影機のしくみ」を見てきました。

プラネタリウム

投影機

館内の展示物で遊んでからプラネタリウムへ。

投影の前に、ペットボトルを使った浮沈子の実験の実演がありました。水を一杯に入れて栓をしたペットボトルの中に、醤油やソースを入れる小さな容器(魚の形をしたものとか、よくお弁当についてくるものです)が浮いていて、ペットボトルを指で押さえると沈み、離すと浮いてくるというあれです。実はかわべ天文公園にもありました。流行りでしょうか。

投影は、前半は生で今夜の星空の解説。後半は自動番組で「友情のペガスス」という番組。メーカーの配給でしょうか。

でもここで大変な事に気がついて、愕然としました。

自動番組だと・・・・寝ない(+_+)

特別展「プラネタリウム投影機のしくみ」

本当はもっと早くに開催終了しているはずなのですが、期間延長していました。

これは、本当に面白かった。

内容は特別展のホームページで。

MS-10をばらばらにして展示してあります。恒星球の中も覗けます。ランプに金網を被せてあって、それを回転させることでまたたきを表現しています。恒星原盤もいくつも展示してあり、ルーペで星座を探してみたりできましたが、そんなのはどうでもいい(こともありませんが)。何といっても惑星棚と惑星投影機です。間近に見て、その構造をつぶさに観察したり、年周軸をぐりぐり手で回してみたりとかできました。

ほんとによく考えて作られています。

地球から見た惑星の動きを表現するための機構はそのまま逆行の原理を表しているし、惑星棚の床面は黄道面に平行なのですが、惑星投影機が載る盤は軌道傾斜角の分だけ傾けてあるとか、前にも書いたけれども、惑星投影機は2台1対になっていて、一台が支柱で遮られても投影される像が暗くならないようになっているとか。

逆行を再現する仕組み
逆行を再現する仕組み。機械仕掛けで動かされると、CGなどで見せられるよりも説得力があります。

太陽投影機は一番構造が簡単で、一番複雑なのは月投影機です。月の満ち欠けも投影機内で表現するので、そのための機構が余分についています。MS-10の場合、月投影機だけ1台構成になっています。2台だと、満ち欠けの同期を完全に合わすことができないためとか。ところが、明石のツアイスは月投影機も2台構成・・・やっぱりツアイスは偉大だ。

予定外ですが、ここにお勤めで、彗星で有名なTさんが来られて、展示物についていろいろと説明していただけました。

番外編

野外天体観測会の行き帰りにバスから見たもの。

高速道路はバスに限ります。もちろんお客の立場で。自家用車より視点が高いのでずっといろいろなものが見られます。それにしても本当にいろんなものがありました。

日本丸
日本丸

「ちきゅう」
地球深部探査船「ちきゅう」

「US-1A」
救難飛行艇US-1A

ツェッペリンNT
飛行船ツェッペリンNT

みかん畑
そこらじゅうみかん畑

風車
林立する風力発電所の風車

(撮影は全部自分ですが、一部の情報についてはふくださんに頼りました)


プロフィール

星を見る、本を読む、そこらを歩いてまわる・・・→詳しく

注目リンク

バックナンバー

過去の日記