星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年11月29日(水)

地球近傍小惑星の連星を電波観測

アレシボ天文台の電波望遠鏡とNASAのゴールドストーンDSN局を使って小惑星66391番(1999KW4)をレーダー観測。

「きぼう」報道公開

国際宇宙ステーション日本実験棟。ロボットアーム、船内保管室などを公開。

改めて、小杉先生の訃報

宇宙科学研究本部Webサイトに。

「宇宙学校・あきた」レポート

アストロ・トピックス:板垣さんの超新星2006ov発見

[]

2007年11月29日(木)

「かぐや」地形カメラによる立体視動画

赤青メガネをご用意ください。

アストロトピックス:相次ぐ日本人による新星の発見

平松庚三氏の訓練状況

(株)ライブドア・ホールディングスの社長ですが、退任が決まっています。

トークライブ「ロケットまつり20」

11月30日、新宿・ロフトプラスワン

縣 秀彦 科学講演会「冥王星のその後 新しい太陽系像にせまる」

1月26日、倉敷科学センター

第6回 サイエンスカフェ岡山(講師:縣秀彦氏)

1月27日、ルネスホール(岡山市)。テーマは「冥王星のその後 新しい太陽系像にせまる」。残席わずか。

新潟天文研究会「未知の星を見た人」講演会

12月1日、新潟市。彗星発見者の村上氏と荒貴氏を招いての講演会。 (再掲載)
[]

2008年11月29日(土)

金星と木星の接近

今日、日没後の西空を見られた方は、縦に並んだ2つの輝星を目撃されたと思います。

銀河系内の星形成領域にRNAの構成分子を検出

太陽観察キャンペーン「Dawn of the IYA2009」

世界天文年2009関連イベント。
[]

2009年11月29日(日)

板垣さんの新星の発見前画像

しし座流星群狙いでオリオン座周辺を撮影した画像に写っているかもしれません。

[APoD] アンナプルナの空

H-IIAロケット16号機打ち上げ成功

情報収集衛星を搭載。

アトランティス帰還

「はやぶさ」の現在位置(11/26現在)

画像
[JPEG]
クリックで拡大

作って気がついたのですが、26日9時現在の位置を30日3時現在の星図に表示するのは変かもしれません。
[]

2010年11月29日(月)

ファッションショーで楽しむ「はやぶさ」(主催:明石市立天文科学館)

共催:和歌山大学観光学部、協力:(株)島精機製作所。12月12日。
[]

2011年11月29日(火)

「2011年12月10日夜、皆既月食を観察しよう」キャンペーン(国立天文台)

「第72回JAXAタウンミーティング」 in 八尾

1月15日。

がか座β星の塵の円盤をアマチュアの機材で撮影

via Twitter@sinus_iridiumさん

アタカマ砂漠で見られた二重グリーンフラッシュ

続:NASAが検討中の「アポロ着陸地点付近の立ち入り制限」

11月28日の話題」の続き。領有権主張という大げさなものでなくて、将来商業宇宙飛行などが実現した時に備えて、アポロ着陸地点とそこに残されたものを歴史的遺産として保護するための検討。

Astronomy Picture of the Dayから

[]

2012年11月29日(木)

キャンペーン「ふたご座流星群を眺めよう」(国立天文台)

惑星の材料である塵粒が惑星へ成長する過程の第一歩を観測?

神戸大学、兵庫県立大学、国立天文台、埼玉大学の研究者がリードする国際研究チームが、すばる望遠鏡で「おうし座 UX A星」の原始惑星系円盤を観測。

第3回星なかまの集い~天文楽サミット~

2013年3月2日(土)14:00~3月3日(日)15:00。兵庫県西脇市。
[]

2013年11月29日(金)

板垣公一さん、へび座に12.3等の新星を発見

11月24.384日(世界時)の観測から。
発見位置
[星図/PNG]
クリックで拡大

R.A. = 18h09m03s.46,
Decl. = -11d12'34".5
(2000.0年分点)

(08:12追加)星の村天文台からアイソン彗星の中継、29日10時ごろから

[]

2014年11月29日(土)

ブラックホールに落ちていくアドベンチャーゲーム

日本流にいえばブラックホール双六。

「はやぶさ2」打上げ延期を発表したプレスブリーフィングの様子

[]

2015年11月29日(日)

月探査情報ステーション:「はやぶさ」タッチダウンから10年…私たちはどこへ進むべきか

DSPACE:「宇宙に夢中の座談会」この10年を振り返ってみよう

国立天文台渡部潤一先生の「星空の散歩道」連載100回&10周年特別企画。

岡山県浅口市、「天文のまち」を発信

PR映像を東京スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」で上映。 浅口市は国立天文台岡山天体物理観測所があり、さらに隣接地に京都大などが口径3.8メートルの望遠鏡を建設中。
[]

2016年11月29日(火)

生命存在の可能性がある系外惑星の惑星のトランジットを地上の望遠鏡で初めて観測

国立天文台、東京大学、アストロバイオロジーセンターを中心とする研究グループが岡山天体物理観測所の188cm望遠鏡とMuSCATを使って観測。惑星の軌道周期を高精度で求めることができ、次世代大型望遠鏡で惑星大気を調査できる見通しが立ったとのこと。

超高輝度超新星の高輝度は超新星爆発直前に放出していた大量のガスと超新星爆発時の噴出物が激しく衝突した結果

[]

2017年11月29日(水)

日経サイエンス2018年1月号は重力波、マルチメッセンジャー天文学を特集

1I/オウムアムア。ボイジャー、パイオニア、ニューホライズンズの軌道シミュレーション

via Twitter@sinus_iridiumさん

「天空の城」竹田城跡(兵庫県朝来市)は星空の名所。夜間公開を検討

系外惑星大気にオゾン層に似た層を発見:natureダイジェスト

ただしホットジュピターの話です。

Ia型超新星の発生プロセスは2つ?:natureダイジェスト

ルクセンブルクのアンリ大公殿下、天皇、皇后両陛下と筑波宇宙センターを視察

ルクセンブルクが宇宙資源開発に力を入れていることなどからJAXAが訪問先に選ばれたという」

日本、月上空の「深宇宙ゲートウェイ」計画に参加か?読売新聞が報道:月探査情報ステーション

国立天文台今週の一枚:宇宙で最も冷たい天体の姿を描き出す

もしも君が杜の都で天文学者になったら(もし天)研究成果発表会

2017年12月29日。東北大学理学研究科 青葉サイエンスホール

鳥嶋真也さん:観測史上初、太陽系の外から謎の天体が飛来! 「オウムアムア」と呼ばれる天体の正体とは?(ハーバービジネスオンライン)

[]

脳内BGM

「太陽の翼」

トピックス

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。