編集後記


2001年11月27日(火) [長年日記]

お金の話

日本の研究者が、地球外生命探査のために複数の宇宙望遠鏡を打ち上げることを構想しているという話、「たった1000億しかかからないんですね」と書いてしまいましたが、我ながらすげーバブリーな金銭感覚です(苦笑)

でも、こういうお金の話になったとき、真っ先に私の頭に浮かぶのは、イージス護衛艦が一隻いくらとか、あの倒産した会社の負債がいくらとか、新幹線の工事がいくらとか、そういう話なんですよね。そしたら、1000億ぐらいなんだって思ってしまうのです

...やっぱりとんでもない思考の持ち主ですね(大苦笑)

でも地球外生命が見つかったら、人類の宇宙観は思いっきり変わると思うのだけれども。そしてそれは大変な事だと思う。50年後100年後の人類の宇宙観を決めるのに1000億ぐらい安いもんだと思います。

日本一国で出せとは言わない

記事にもあったように、世界各国が協力してやればいいのですよね。

これとはまた別だけれども、天文の分野では、中国と台湾が協力して大きな観測施設を作ろうとしているというような話も聞いています。政治の世界では対立していても、こういうところでは一緒にやれるのです。いい話じゃないですか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
(2001年11月27日(火) 23:44)

私なんか関西空港何個分かなと思ったりします。そしたら1000億なんて安い安い…


プロフィール

星を見る、本を読む、そこらを歩いてまわる・・・→詳しく

注目リンク

バックナンバー

過去の日記