星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年11月09日(木)

<%=my '20061102#p01','多胡さん発見'%>の新変光星はマイクロレンジング現象?

日本変光星研究会のM様より。マイクロレンジング現象ではないかとの提案がなされています。100年に一度のめずらしい現象とのこと。

すばる望遠鏡、山頂一般見学も再開

11月9日、H-IIAロケット11号機の極低温試験

[]

2007年11月09日(金)

「かぐや」ハイビジョン特別番組

NHK総合「“かぐや”月の謎に挑む」。11月14日(水)20:00〜20:45。

GOODS Chandra Deep Field South:

GOODS Missing Black Hole Report: Hundreds Found!

YMコラム『「かぐや」月を撮る−世界初の快挙』

日本惑星協会ホットトピックス

「かぐや」、世界で初めて100km上空から月面のハイビジョン画像の撮影に成功! / NASAの次の火星ローバーの着陸候補地 / 「かぐや」、搭載した3基の観測装置の展開に成功 / 100万倍も明るくなった彗星

アストロアーツ:かに座55番星に5つ目の系外惑星発見

[]

2009年11月09日(月)

板垣公一さん、うさぎ座に超新星を発見

11月6.73日(世界時)の観測から、「うさぎ座」のNGC 1832に16.0等の超新星を発見しました。(SN 2009kr)
発見位置
[星図/PNG]
クリックで拡大

赤経 5時12分03.30秒
赤緯 -15度41分52.2秒 (2000年分点)
(注:記事訂正しています。「ぐんま天文台」云々は別の超新星でした)

しし群の予報など

以前紹介時とほぼ同じですが、一般に流布されている出現数についての注意が記載されています。

[写真] オリオン座流星群

[]

2010年11月09日(火)

[APoD] 700キロメートルから撮影したハートレー彗星

ISASコラム・宇宙科学の最前線『「かぐや」探査機が発見した月の内部物質』

滋賀天文のつどい2010

11月14日、滋賀県立琵琶湖博物館。

ISASコラム・あかつきの挑戦『深宇宙探査を支える通信システム』

JAXAのイメージソング

via @tm_onoさん

[WEB] 「だいち」の目でみる世界遺産

「宇宙のくつ下」新作開発

何が「宇宙」かというと、臭わないのです。

エリスは実は冥王星より小さい

冥王星より大きいと言われ、冥王星が惑星からはずされるきっかけの一つになった天体。

土星探査機カッシーニ、セーフモードに

[]

2011年11月09日(水)

[書籍] 「星空がもっと好きになる: ガールズ・スターウォッチング・ブック」

駒井 仁南子 (著)、誠文堂新光社。

星空がもっと好きになる: ガールズ・スターウォッチング・ブック

[書籍] 「星のきほん―STAR GUIDE」

駒井 仁南子 (著)、誠文堂新光社。

星空がもっと好きになる: ガールズ・スターウォッチング・ブック

フォボスグルントと蛍火1号、11月9日に打ち上げ

「フォボスグルント」はロシアの火星探査機、「蛍火1号」は中国初の火星探査機。
[]

2012年11月09日(金)

ハーゲンローザー彗星(168P)が分裂を始めた

パナソニック、太陽光発電だけで11月14日の皆既日食を生中継!

Facebookというのが残念。アカウント無くても表示されますが、アカウント登録のウインドウがかぶさってきてうっとおしい。閉じればいいんですが。

LIVE!ECLIPSE、11月14日の皆既日食をポートダグラス近郊から生中継

こちらはアカウント不要。
[]



2016年11月09日(水)

11月14日、今年最大の満月

地球との距離が1948年1月の満月に次ぐ近さということで「68年ぶり」などと言われているようです(と言っても30kmほどしか違いません)。

11月17日 しし座流星群が極大

今年は1年で最大の大きさという満月の直後で、条件は大変悪いです。お勧めはできません。 2001年に大出現を見せた流星群ですが、当面あのような出現はないだろうと考えられています。

DSPACE:宇宙はもっと楽しめる!—「宙フェス2016」レポート

月探査情報ステーション:ニューホライズンズの全データ、地球への送信完了

鳥嶋真也さん「“宇宙大国”になった中国、その実力は? そして、日本が取るべき戦略は?」

sorae.jp:火星で卵のようにツルツルな謎の「エッグロック」発見 探査車キュリオシティ

11月12日 おうし座流星群北群極大

出現状況は南群と同じ程度で少ない。活動期間は10月下旬から12月上旬ぐらいまで。極大日はほぼ満月で条件悪く、お勧めできません。 極大日は出典により12日と13日の2つあります。

国立天文台今週の一枚:微惑星から地球型惑星へ(地球型惑星の形成)

[]

2017年11月09日(木)

ふたご座流星群を観察・報告するキャンペーン、2017年12月12日から:国立天文台

国立天文台今週の一枚:棒渦巻銀河NGC 1097中心部

次世代ニュートリノ科学連携研究機構 発足式を挙行

ハイパーカミオカンデ計画の推進と、計画実現後の研究体制の構築を目指す。
[]

脳内BGM

「太陽の翼」

トピックス

◆ 2017年11月12日
レグルス食
◆ 2017年11月18日未明
しし座流星群極大(観測条件は良い。1時間に2個程度)
◆ 2017年12月23日
H-IIA 37号機による「しきさい」「つばめ」打上げ
(日付はすべて日本時間)

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。