星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2006年08月19日(土)

球状星団で最も暗い星を発見

ハッブル宇宙望遠鏡を使ったNGC6397の観測で発見。

ESA、SMART-1の月面突入の観測を呼びかけ

惑星の定義に関する議論、関連記事

24日に議決されます。それまではまだ。

Science 6月2日号『特集:小惑星イトカワの「はやぶさ」』和文要約

リコー社有志による。via チェコの空(2006年6月14日)
[]

2008年08月19日(火)

朝日新聞「なにわ科学の源流」

第三回は麻田剛立。

かぐや打ち上げ一周年記念イベント

9月14日。日本科学未来館。

特別講演会「岩崎一彰 宇宙画の世界」(明石市立天文科学館)

8月24日。
[]

2009年08月19日(水)

板垣さん発見の新星を高校生が即時分光観測

美星天文台で「星の学校2009」の開催中でした。観測の結果はCBET 1911で公表されました。

「羅老」打ち上げ延期の可能性

トラブルではなく、金大中元大統領の逝去を受けて。

佐用町ボランティア募集と義援金

兵庫県佐用町は西はりま天文台のお膝元です。8月9日の台風9号に伴う豪雨により大きな被害を受けています。
[]

2010年08月19日(木)

一年で最も検索される流星群は「オリオン座流星群」(Yahoo!検索ランキングでは)

2009年8月16日~2010年8月15日の集計。 科学館や天文台への問い合わせの数ではどうなんでしょうね。

イトカワ、地球に接近中

すでに最接近を過ぎましたが、現在、てんびん座の方角、地球から約0.57天文単位のところにいます。

2012年の金環食。絶対直接見ないこと

食の最大の時でも直接見てはいけません。

VSOLJニュース:坪井正紀さんの超新星発見

国立天文台メールニュース No.6

口径30メートル 次世代超大型望遠鏡 TMT
夕方の西の空、惑星に注目

口径30メートル 次世代超大型望遠鏡のWebサイト

[]


2013年08月19日(月)

いるか座新星はいるかな?みんなで光度曲線をつくろう キャンペーン

いるか座新星は明るさランキング30位に入る明るさ

via Twitter@RET_Ariesさん

イオンシネマ イプシロンロケット打ち上げライブビューイング

8月27日、13時ごろ入場を予定。当初打ち上げ予定の8月22日にはイベント上映会を実施。
[]

2014年08月19日(火)

VSOLJニュース:「向井さん、うお座に新しい矮新星を発見」

全国星空継続観察暫定調査 夏期実施中

8月29日まで。
[]

2015年08月19日(水)

LADEE探査機、月の大気にネオンを発見

月の大気、といっても地球大気の100兆分の1以下の密度しかありません。

月の写真コンテスト、作品募集中(明石市立天文科学館)

おじゃりもうせ種子島2015 ~南種子町公式打ち上げ見学場編

[]

2016年08月19日(金)

8月24日、火星・土星・アンタレスが一直線に並ぶ

国立天文台野辺山特別公開

8月27日(土) 9:30~16:00

MBS「おとな会」の「おとなならゆっくり星空を見上げよう」録画みられます

8月25日0時30分まで。

国立天文台今週の一枚:ブラックホールをさがす

[]

2017年08月19日(土)

月探査情報ステーション:韓国の月探査計画、朴政権以前の目標に戻る

H-IIAロケット35号機による「みちびき3号機」打ち上げ中継

NVS、H-IIAロケット35号機の再打上げ後記者会見の中継を予定

打ち上げそのものの中継は、日程の調整がつかず、行わないとのこと。
[]

バックナンバー