星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2006年10月04日(水)

X線天文衛星「すざく」の観測速報

「ひので」の今がわかるページ

M-V 7号機打ち上げ中継アンケート

ノーベル物理学賞は宇宙背景放射の不均一性を発見した米研究者に

COBEの観測結果からの研究。

民間宇宙開発のイベント「X Prize Cup 2006」、10月20日から

第3回MAPみえこどもの城 プラネタリウム解説コンクール 参加者募集

中学生以上の個人または2名1組。募集期間10月1日〜11月30日。本大会は来年2月11日。

月刊天文、2007年1月号から休刊

[]

2007年10月04日(木)

板垣公一さん、ペガスス座に超新星を発見(SN 2007kj)

10月2.60日(世界時)の観測から、ペガスス座のNGC 7803に17.4等の超新星を発見されました。
発見位置
[星図/PNG]
クリックで拡大

R.A. = 0h01m19s.58 +/- 0s.01,
Decl. = +13o06'30".6 +/- 0".2
2000.0年分点 CBET 1092

国立天文台、木星のライブ映像をネット配信

10月9日、10月10日 各17:30-18:45。

「かぐや」がHDTVで撮影した地球の動画

via はやぶさまとめニュース

和歌山市立こども科学館、「星空の街・あおぞらの街」で環境大臣賞を受賞

報道による。

「かぐや」いよいよ月周回軌道投入へ

10月4日5時55分頃から月周回軌道投入マヌーバ(LOI1)を実施。結果は10月5日午前9時頃に発表予定。
[]

2008年10月04日(土)

ペルセウス座GKの2年ぶりの増光

205P/ジャコビニ彗星に破片が二つ

秋の流星群いろいろ

天文同好会サミット2008

12月6日、7日。国立天文台三鷹キャンパス。

VLTの新補償光学系で鋭い木星

三鷹キャンパス特別公開とその前夜祭

前夜祭10月24日18:00-20:00、本イベント10月25日。

ツアイス投影機、オーバーホールの予備調査を予定(明石市立天文科学館)

10月14〜15日(休館日)の予定。オーバーホールは来年度1ヶ月間ほど。設置以来4度目となる。 via 塩屋天体観測所雑記帳
[]

2009年10月04日(日)

[APoD] オリオン星雲の手前を彗星が通過!

こんなことがあったとは知りませんでした。

星の成長をリアルタイムで観察

星と風のサロン(アスメンの夕べ)「ALMA電波望遠鏡のココが凄い! ~今夜はサブミリ波超伝導受信機のお話です~」

10月22日、星と風のカフェ。月1回第4木曜日夜に開催。
「星と風のサロン(アスメンの夕べ)」は三鷹近郊の天文ファン科学ファンにむけて、現場の天文学者を囲んで専門の分野について語っていただき、さらに10名程度の参加者の質問に答えていただいたり、講師と参加者の懇親を図るスタイルのカフェです。
9月のサロンの様子:http://6246.teacup.com/asmem/bbs/1678

さて10月22日(木)星と風のサロン(アスメンの夕べ)は
ALMA電波望遠鏡のココが凄い! ~今夜はサブミリ波超伝導受信機のお話です~ 講 師:伊藤哲也さん(国立天文台 先端技術センター)
時間:18:30~20:30 場所:星と風のカフェ地図
参加費:1500円 予約無し、途中からの参加も可

ということで、チリ・アタカマ砂漠で建設中の新世代電波望遠鏡(ALMA計画)に搭載されるサブミリ波超伝導受信機について、国立天文台先端技術センターの伊藤哲也さんに語っていただきます。

伊藤哲也さんはバンド8(385-500Ghz)の超伝導受信機の開発を担当されていました。
現在はバンド4(125-163Ghz)グループに移っています。
(情報:Y様)
(10/6 日付を訂正しました)

ロシア、ソユーズTMA-17(野口さん搭乗予定)公式ミッションパッチを発表

[]

2010年10月04日(月)

[画像] グリーゼ581

いくつかの惑星が発見されており、そのうちの一つ「グリーゼ581g」はハビタブルゾーンにあることがわかっています。

DSPACE「宙人ノオト」次回のエッセイ募集開始

世田谷区プラネタリウム講演会 小惑星探査「はやぶさ2」へ向けて

10月9日。
[]

2011年10月04日(火)

20世紀FOX版 映画「はやぶさ/HAYABUSA」、全米公開へ

「あかつき」は代替エンジンで金星を目指し続ける

[]


2013年10月04日(金)

アイソン彗星を見つけようキャンペーン

This Planetary Nebula Comes With a Twist

「特別フライトでアイソン彗星を空から眺めよう!」ツアー(ジャルパック)

米国政府シャットダウンの自然科学分野への影響

火星上空からアイソン彗星を撮影

火星探査機Mars Reconnaissance Orbiterが撮影。 via Twitter@kippis_sgさん
[]

2014年10月04日(土)

三鷹・星と宇宙の日 2014 (国立天文台特別公開)

10月24日(金)、10月25日(土)

笹ヶ瀬隕石の落下年が1704年と特定された

10月8日皆既月食は天王星にも注目

宙ガール.com:宙フェスが明日なので、概要から詳細までまとめてみた

宙フェスは10月4日 京都嵐山法輪寺で。
[]


2016年10月04日(火)

学園祭・文化祭でプラネタリウム解説に挑戦する学生さんに、プロ解説者からのアドバイス

ALMA望遠鏡最新情報:渦巻きの腕に抱かれる赤ちゃん星

最も明るいガンマ線連星が大マゼラン雲で発見された

ガンマ線宇宙望遠鏡「フェルミ」での発見。過去に天の川銀河で5例しか発見されておらず、これが6例目。最も明るいばかりか、他の銀河での発見は初。

【激レアバイト】星空映像作家KAGAYAさんと行く!石垣島星空ツアーガイドアシスタントバイト

[]

2017年10月04日(水)

2017年ノーベル物理学賞は、重力波を初めて直接検出した3氏に

東京大学宇宙線研究所 2017年ノーベル物理学賞の発表を受けての梶田所長のコメント

鹿児島県の早水勉さんたち、星食観測への貢献で「ホーマー・ダボール賞」受賞

iRONNA:NASA発見の新惑星が「第二の地球」になる条件はこんなにも厳しい

AFPBB News:地球の生命、隕石落下の「暖かい池」で誕生か

sorae.jp:ボーイング宇宙船「CST-100 スターライナー」、有人打ち上げは2019年に延期の可能性

林公代さん:日本版GPS「みちびき」4機体制へ。世界に先駆け「数センチの誤差」でナビゲーション!(三菱電機DSPACE 読む宇宙旅行)

[]

2018年10月04日(木)

[APoD] 米ニュージャージ州上空に現れた、何重もの虹

「はやぶさ2」搭載の小型着陸機MASCOT、リュウグウに着陸成功

[]

2019年10月04日(金)

小惑星リュウグウに白黒半分ずつの珍しい岩:NHK

ドイツ航空宇宙センターフランス国立宇宙研究センターが共同開発し「はやぶさ2」に搭載してリュウグウに降下させた小型着陸機「MASCOT」での成果。

エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見:sorae

「三鷹・星と宇宙の日2019」

プレ公開:2019年10月25日(金)
本公開:2019年10月26日(土)

シュワスマン・ワハマン第一彗星(29P/Schwassmann-Wachmann 1)が分裂したかもしれない

[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー