星が好きな人のための新着情報

2018年火星大接近!
mars2018.space
※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年08月03日(木)

アジア最大の3.8メートル鏡を民間資金で建設

報道によると、京大、名大、国立天文台、ナノオプトニクス研究所は、岡山天体物理観測所の隣に3.8メートル望遠鏡を建設する予定とのこと。民間資金による望遠鏡建設は国内初めて。

日本惑星協会ホットトピックス

タイタンの北極近くに巨大な湖 / 最接近した木星の二つの赤斑 / 1万9500人が来場した宇宙研の一般公開

YMコラム「Mロケットが消える日」

ま、次にいいものができればいいのです。当然、次期ロケット開発に失敗は絶対許されません。開発関係者はもちろんそれだけの覚悟があるものと期待します。

[HST] 小マゼラン雲の超新星残骸

[Astronomy Picture of the Day] タイタンに降るメタンの雨(想像図)

[書籍] 「君も新しい星を見つけてみないか」(山岡均 著、実業之日本社)

君も新しい星を見つけてみないか (Amazonにリンク)
[]

2007年08月03日(金)

板垣さん、おおぐま座に超新星を発見(SN 2007gi)

7月31日(世界時)の観測から、おおぐま座の NGC 4036 に16.3等の超新星を発見されました。
  • CBET 1017
発見位置
[PNG]
クリックで拡大

R.A. = 12h01m23s.42
Decl. = +61o53'33".8

国立天文台、最古の電波望遠鏡を復元

野辺山観測所に展示され、8月8日以降の一般見学や、8月25日の特別公開でも見ることができます。

ペルセウス座流星群

今年は好条件。国立天文台は「夏の夜・流れ星を数えよう」キャンペーンを企画。

「南の島の星まつり」と石垣島の国立天文台施設公開

8月18日〜19日、沖縄県石垣市。

動く「かぐや」のペーパークラフト

子衛星も取り外し可能!。 マストの伸張もCGみたいにできるんでしょうか。

イリジウム衛星を見よう

「学校に行こう!MAX」で話題になったあれです。
[]

2010年08月03日(火)

HBTTE」岡山上映会初日の様子

相模原キャンパス公開、33861名が来場

初日14216名、2日目19645名。「はやぶさ」カプセル特別展示(初日13000名、2日目17000名)とは別で相模原キャンパスだけの来場者のようです。

[APoD] 金星の表面

[APoD] プロメテウスが作る土星の環の模様

「はやぶさ」関係者からのメッセージ

六本木天文クラブ セミナー付き観望会「流れ星との出会い方」

8月13日、講師:渡部潤一氏。残席わずか。ただし観望会だけなら予約不要。 via @tenplaさん

六本木ヒルズKID'S WORKSHOP:「六本木天文クラブ」presents 天球儀を学ぼう!

8月14日。 via @tenplaさん
[]

2011年08月03日(水)

Twitterより:「天の川」の星の数を増やす方法

あやとりの話です。

名古屋大学、名古屋市科学館の公開セミナー「天文学の最前線」第20回

テーマは「天文学20年」。8月3日(水)~5日(金)。残念ながらすでに受付締切です。

JAXA宇宙飛行士と仙台たなばたを楽しもう

宇宙子どもワークショップキャラバン in 仙台たなばた 8月7日(日) 東北大学 川内北キャンパス。 via Twitter@hadukinoさん
[]

2012年08月03日(金)

八重山高原星物語2012

8月11日(土)鹿児島大学附属農場入来牧場、国立天文台VERA入来観測局、鹿児島大学1m光赤外線望遠鏡。

南の島の星まつり2012 in石垣島

2012年8月18日(土)~8月26日(日)。18日は全島ライトダウン。VERA石垣島観測局特別公開、石垣島天文台公開、天体観望会など。
[]

2016年08月03日(水)

7月りゅう座γ(ガンマ)流星群の活発な活動が観測された

7月28日0時(世界時)を中心とする2時間ほど。ピーク時のZHRは約50。

すばる望遠鏡:宇宙ライター林公代の視点 (6) : ギャラクシーハンター 柏川伸成さん

国立天文台今週の一枚:石垣島天文台と夏の天の川

[]

2017年08月03日(木)

2017年8月9月は、ボイジャー1,2号の打ち上げから40周年

アルマ望遠鏡:アルマ望遠鏡、遠方銀河団で進む星の少子化の原因をとらえた

国立天文台今週の一枚:夕暮れの空を眺める3つのシルエット

[]

2018年08月03日(金)

スター・ウイークです。

写真に収めた火星の幻想的な輝き 倉敷科学センターの三島学芸員

「GoogleSatTrack」改め「OrbTrack」リリース

GoogleMapsを使わなくなったとのこと。

「はやぶさ2」、レーザ高度計、近赤外分光計の初期観測結果を発表

リュウグウ表面は予想よりも乾いている。

国立天文台野辺山宇宙電波観測所、財政難で共同利用中止へ

「ひとみ」代替機「XRISM」、打ち上げを一年延ばして2021年に

小型月着陸実証機(SLIM)、「XRISM」とH-IIA相乗りで2021年打ち上げ

2018年8月の星空

1日~7日、スター・ウィーク~星空に親しむ週間~
11日、部分日食(日本からは見られない)
13日、ペルセウス座流星群が極大(見頃は13日未明)
17日、伝統的七夕

2018年8月、4惑星が同時に夜空に

7月に引き続き。西から金星、木星、土星、そして最接近直後のとても明るい火星。火星は昇る時間が早くなり、見やすくなります。

2018年8月の、目で見て楽しめる天文現象

KAGAYAさんによる、2018年8月のお勧め天文現象(すべて肉眼でOK)

[]

脳内BGM

組曲「惑星」から「火星、戦争をもたらす者」
(グスターヴ・ホルスト)

サイト内検索

バックナンバー