星が好きな人のための新着情報

付きテキストは外部リンクです。はさらに別ウインドウ(タブ)で開きます。
※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年07月26日(水)

177P/BARNARD彗星、急増光、8等台に

[PNG]
177Pの動き(クリックで拡大)

若田宇宙飛行士、地球の海へ

NASA極限環境ミッション運用(NEEMO)訓練に参加して、NOAAの海底研究室へ。

[Astronomy Picture of the Day] 木星の二つの赤斑。

アストロアーツ:年老いた恒星には模様がある

老年期の星の表面を米・アリゾナ州にある「赤外可視望遠鏡アレイ(IOTA)」で撮影に成功。観測した35個のミラ型変光星のうち12個で表面の明るさが不均一であることがわかったとのこと。

「君が天文学者になる4日間」ただ今の活動の様子

公開中。

タイタンに炭化水素の湖の存在する証拠

カッシーニがレーダー観測で発見。
[]

2007年07月26日(木)

AGN in Clusters: Chandra Catches "Piranha" Black Holes

【APoD】火星からみた砂嵐

こんなに暗くなっています。

日本惑星協会ホットトピックス

マーズ・フェニックス来月3日に打ち上げ/ 土星の衛星が60個に / マーズ・ローバーの活動を妨げるダストストーム

スターダストinおおなで

8月12日、西はりま天文台。
[]

2008年07月26日(土)

「かぐや」リアクションホイールが故障

まだ3基あるので姿勢制御には支障ないとのこと。 おそらく、1基でも残っていれば制御可能でしょう(実績あり)。

磁気圏サブストームの発生場所を特定

「だいち」による岩手県沿岸北部の地震の観測

ペルセウス座流星群

夏休みは「かぐや」に会いに行こう!

科学館や天文台の、「かぐや」がからむ夏休みイベントの紹介。
[]

2009年07月26日(日)

無事、帰還しました。見事な皆既日食でした。

「めざせ1000万人!」の22日の報告状況

報告数536件、約1万4千人が日食を見ました。

木星に暗斑

7月20日未明(日本時間)、オーストラリアと日本で、木星の南極付近に、新たな暗斑が現れたのが観測された。小天体の衝突の可能性。 (情報:Mさん)

北硫黄島沖で見た皆既日食

ふじ丸船上で私が撮影しました。


[]

2010年07月26日(月)

岡山後楽園の観望会

8月1日 19:30~21:00。岡山後楽園特別公開「幻想庭園」のイベントの一つ。

アストロアーツ:今年の木星

縞はいつごろ復活してくるでしょうか。

Astronomy Picture of the Dayをまとめて

[]

2011年07月26日(火)

すばる望遠鏡、ナスミス焦点での共同利用観測を再開

ナショナルジオグラフィック:次期火星探査車 ゲイル・クレーターへ

1万人のスターナイト 「今、星を見ています・2011」

南の島の星まつり

7月30日(土)~8月7日(日)。今年で10周年。

日本人発見の超新星らしき天体、フォローアップ観測が求められています

GoogleSatTrackの作者が出会った奇跡について

[]

2012年07月26日(木)

宇宙の日作文絵画コンテスト 締め切りは7月31日

[書籍] 小惑星探査機「はやぶさ」大図鑑(偕成社)

監修 川口淳一郎、イラスト 池下章裕、解説 松浦晋也 4035337102

[]

2016年07月26日(火)

5惑星が再び一直線にならぶ(今度は日没後)

水星・金星が高度が低く、明るいうちの観察になるので、なかなか難しいかもしれません。 via Twitter@sinus_iridiumさん

日没30分後の空(8月1日~25日、5日ごと)
8月後半は一直線から崩れていきます。途中、月も参加。

日経サイエンス:超新星に新タイプ続々発見

日経サイエンス:重力波の“超新星”も相次ぎ発見

アポロ11号司令船に入れる3Dコンテンツ

via Twitter@sinus_iridiumさん

夏休み到来 全国各地で星まつり(縣秀彦さん)

胎内星まつり

8月26日(金)午後~29日(日)正午

サマーホリデーin原村星まつり

8月5日(金)午後5時~8月7日(日)午前9時迄

銀河中心を周回する恒星のアニメ―ション

想像図ではなくて観測」とのこと。
[]

2017年07月26日(水)

五藤光学:新作プラネタリウム番組『HORIZON ~宇宙の果てにあるもの』完成!2017年夏より配給開始

国立天文台今週の一枚:渦巻銀河 M63

7月28日、おとめ座の3等星ポリマの食

国立天文台、2017年夏の特別公開

8月12日、八重山高原星物語2017、VERA入来観測局施設公開
8月12日~20日、南の島の星まつり2017、石垣島の国立天文台施設公開
8月19日、いわて銀河フェスタ2017、国立天文台水沢施設公開
8月26日、野辺山宇宙電波観測所 特別公開2017
[]

2018年07月26日(木)

火星を望遠鏡で見たらこんな感じ

「はやぶさ2」が上空6キロメートルから撮影したリュウグウ

環境省「星空を見よう」

夏の夜空の明るさ調査は8月2日~8月11日。

スマホ天体望遠鏡PANDA、PalPANDAシリーズを惑星観察用にバージョンアップするユニットを発売

映画「オデッセイ」地上波放送

日本テレビ「金曜ロードショー」8月3日 夜9時~11時24分。

宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機 ミッションプレスキット

火星の南極冠の下に大量の液体の水?

マーズ・エクスプレスのレーダー探査の結果。塵と氷が何層にもなっている地下1.5キロの場所に、幅20キロメートルに渡って明るい領域があり、ここに液体の水がある可能性が。
[]

2019年07月26日(金)

小惑星(3200)Phaethonによる恒星食の観測協力のお願い

2019年8月22日明け方、東北地方北部(主に青森県)で見られると予想される、12等級の恒星の食、観測協力の呼び掛けがあります。

「はやぶさ2」の第2回目タッチダウンの瞬間の動画

GLOBE at Night

2019年7月24日(水)~8月2日(金) 対象:ヘルクレス座

【科学】人々の好奇心を育てる“海部流”プロジェクト 「ガリレオ望遠鏡の普及」と「3万年前の航海再現」:時事ドットコム

[]

2020年07月26日(日)

2020年8月の星空

1日~7日、スター・ウィーク~星空に親しむ週間~
2日、月が木星、土星に接近
4日、満月
7日、立秋
9日、月と火星が接近
12日、下弦
12日、ペルセウス座流星群極大 12日の深夜から13日の未明にかけてが一番の観察チャンス
13日、金星が西方最大離角
15日,16日、月が金星に接近
19日、新月
23日、処暑
25日、伝統的七夕
26日、上弦
[]

2021年07月26日(月)

西村栄男さん、ぎょしゃ座に10級の彗星を発見(C/2021 O1)

7月22日早朝にぎょしゃ座を撮影した画像から。

月探査情報ステーションの「夏休み 自由研究・工作お助けページ 2021」その3

[]

2022年07月26日(火)

Star Festival (Milky Way) 天の川の星まつり〜伝統的七夕を世界で祝おう

ひので衛星といっしょに太陽を観測しよう2022

学校、公開天文台・科学館など。

「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の生データをアマチュア研究者が処理した画像が圧倒的」(ニューズウィーク)

[]

2023年07月26日(水)

2023年8月の星空

1日~7日、スター・ウィーク~星空に親しむ週間~
7日~16日、GLOBE AT Night 対象:はくちょう座 / ヘルクレス座
2日、満月(3時32分)
3日、月と土星が接近(最接近19時59分)
8日、立秋(太陽黄経135度)
8日、下弦
10日、水星が東方最大離角
13日、ペルセウス座流星群が極大
16日、新月(18時38分)
18日、はくちょう座κ流星群が極大
22日、伝統的七夕
23日、処暑(太陽黄経150度)
24日、上弦
27日、土星が衝(国立天文台)
28日、土星が衝(アストロアーツ)
30日、月と土星が接近
31日、満月(2023年で最も近い満月)
土星の衝が27日と28日とありますが、座標系の違いによるもので、黄道座標系では27日、赤道座標系では28日となります。

「すばる望遠鏡主焦点カメラ、国立科学博物館で第二の人生」(国立天文台)

「成長中の巨大ブラックホール周辺を電波で観測」(アストロアーツ)

[]

脳内BGM

『情熱大陸』 (葉加瀬太郎)

バックナンバー

協力した天文キャンペーン

※いずれのキャンペーンもすでに終了しています。
■火星観測週間/マーズウィーク(2003年火星大接近 サイトはすでに閉鎖)