星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年06月09日(金)

エンケラドスはひっくりかえった?

エンケラドスで一番暖かいのは南極ですが、このことを説明するのに、自転軸が大幅に移動したと考える説が登場しているとのこと。

アメリカ天文学会で、アンドロメダ銀河の最新研究成果があいついで発表

米の宇宙旅客機に日本人3人の搭乗決定

ロケットプレーン社のロケットプレーンXPに搭乗予定。うち一人は宇宙飛行士山崎直子さんの夫で「国際宇宙サービス」社長の山崎大地さん。 夫の方が先に行ってしまったりして(弾道飛行ですが)。
[]


2008年06月09日(月)

V2487 Ophは反復新星

1998年へびつかい座新星。高見沢今朝雄さんの発見。かねて反復新星の可能性が指摘されていましたが、1900年6月20日のアウトバーストが写真に記録されていたとのこと。

サイエンスZERO「太陽系 未知の姿に迫れ」

6月14日 24:00〜24:44(15日0:00〜0:44)。

【APoD】フェニックス、火星を掘る

[]


2010年06月09日(水)

IKAROS、セイル展開中

4日から一次展開を始め、現在、端から端まで約10メートルに。一次展開の残りと二次展開を6月8日に実施の予定。

「はやぶさ」帰還日のイベント情報

管制室中継、相模原キャンパスでのパブリックビューイングなど。

「はやぶさ」最終の軌道修正 TCM-4実施決定

6月9日12:30から。

「はやぶさ」再突入時の光跡予想など

豪グレンダンボ市から見えると予想される光跡の予想。 ただしTCM-4を実施するので修正が入るかも?

「はやぶさ」回収サンプルの解析設備について

Woomera prohibited areaはこのへん

広いっ!

月探査情報ステーション:「はやぶさ」ページのリンク増強

「はやぶさ」関係の講演レポートといろいろ情報

マックノート彗星(C/2009 R1)

昨年木星に衝突した小惑星は幅500メートルほど

HSTの記事の詳細。

ドーン、イオンエンジンで累積加速4.3キロ/秒を達成

あなたもシャトルに乗れる(ただし名前と写真だけ)

[]

2011年06月09日(木)

H-IIAロケット 小型副衛星 相乗り通年募集

平成25年度打ち上げ予定のH-IIAロケットへの相乗り、募集の締切りは6月24日(金)17:00。

100万人のキャンドルナイト2011年篇

6月22日(水) 夏至、夜8時~10時。
[]


2015年06月09日(火)

高校生が発見した小惑星に「あやぱに」と命名

カンムリワシの羽のこと。

準惑星ケレスをぐるぐるとまわる動画

via Twitter@sinus_iridiumさん

sorae.jp:ソユーズTMA-15M宇宙船の帰還は6月11日に 油井飛行士らの打ち上げは7月24日か

[]

2016年06月09日(木)

こちら「はやぶさ2」運用室:「はやぶさ2」 火星観測期間とトレードオフ

はやぶさ2:イオンエンジン第1期連続運転と追加運転についての報告

予定通りの軌道に変更された。

JAXA:X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書B改訂等について

アルマ望遠鏡を4分の動画で紹介

[]


2018年06月09日(土)

水星磁気圏探査機MMOの愛称は「みお(MIO)」

ビクセン、15年ぶりの火星大接近と約一世紀ぶりの貴重な星の並びを記念した限定宙ジュエリーを発売

『Super Mars』。2018年6月14日から。

ビクセンの火星大接近特設ページ

火星で、ベンゼン、トルエン、プロパンなどの、既知のものより複雑な有機物が見つかった

キュリオシティが発見。
[]

2019年06月09日(日)

原始惑星系円盤の光を使って暗黒物質候補の一つを探査する方法を東北大学の研究者が発表

暗黒物質の候補の一つである、未発見の素粒子、アクシオンの兆候を、原始惑星系円盤から来る光の偏光パターンの乱れで検出できるかもしれない、とのこと。

日本で唯一、天の川を見ることができるイオン

イオン名寄ショッピングセンター

オシリス・レックスの着陸候補地探しのお手伝いをする「Bennu Mappers」

via Twitter@moffmiyazakiさん

プラネタリウム特別投映爆笑!星兄(ほしにぃ)プラネタリウムショー in 倉敷

2019年7月13日(土)
ライフパーク倉敷科学センター

「禁じられた惑星」の発見

恒星のすぐ近くは、恒星からの強い放射で大気が吹き飛ばされるため、海王星サイズの星が存在しえないと考えられる領域がありますが、そこに海王星よりやや小さく、かつ大気を持つ惑星が発見されたとのこと。

MDRSで擬似火星実験を行う意義とは? – 「Team Asia」のメンバー・名古屋大学岡本渉技師に聞く:academist Journal

木星の大赤斑に変化?

5月中旬から20%ほど小さくなっている、と、Spaceweather.comに。
ちょうど木星は衝を迎え、見るのによい時期です(ただ、日本の大部分は梅雨ですが)。

今年の伝統的七夕は8月7日

ちょうど月遅れですね。
[]

脳内BGM

バックナンバー