星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2006年11月26日(日) [過去の同じ日]

板垣さん、超新星とM31新星を発見(11:00追加)

山形県の板垣公一さんは11月24日(世界時;日本時間25日5:34)の観測から、「おとめ座」のM61に14.9等の超新星を発見しました。(SN 2006ov)
さらに翌夜(日本時間25日20:13)にはM31に新星を発見しました。
SN 2006ov発見画像
[JPEG]
クリックで拡大

撮影時刻:2006 11 24.85696UT
位置:R.A. = 12h21m55s.30, Decl. = +4o29'16".7
光度:14.9等
[星図]SN 2006ovの位置
[PNG]星図
クリックで拡大

M31の新星発見画像
[JPEG]
クリックで拡大

撮影時刻:2006 11 25.46770UT
光度:17.5等

スピリットは古墳を目指す?

もうかなり長く活動しているマーズローバーの旅程を、地球(というか名古屋)の地図に重ねてみた人がいます。

オポチュニティ、淡路島上陸

同じ事を明石でやった人がいます。

Web上で利用できる月齢・月相表示Flash

利用には登録がいるようですが、なかなかきれい。

2007年版理科年表では、冥王星は惑星のまま

asahi.com。「いきなり外すと読者を混乱させる」との配慮から。 もっとも、記事では、時間がなかったのが最大の理由、とあります。

【APoD】水星太陽面通過の3D画像

背景の太陽面は「ひので」が撮影。
[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー