星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2006年11月04日(土)

【画像】多胡昭彦さん発見の変光星

板垣公一さん撮影

クリックで拡大
2006-11-01 22:59
60秒露出
60cm f5.7
9.5 等
縦線の星が多胡さんの星。増光前は横線の星と同じ明るさ

メガスターIIが「新日本様式」100選に選ばれた

[]

2007年11月04日(日)

17P/ホームズ彗星のイオンテイル

強めに強調処理をすると淡く見えてくるようです。

火星で液体の存在を示す新たな証拠

水そのものが見つかる日はいつでしょうか。

「日本宇宙食」カレー発売。ハウス食品。

「SPACE CURRY(スペースカレー)」<ビーフ>。11月5日から、一部の科学館とハウス食品の通販チャネル「SHOPハウス」で。

国立天文台VERA小笠原観測局特別公開

11月23日、小笠原諸島父島。

講演会「未知の星を見た人」(新潟天文研究会)

12月1日、新潟市。講師:荒貴源一さん(IRAS-荒貴-オルコック彗星発見者)、村上茂樹さん(スナイダー-村上彗星発見者)

いばら天文講座「彗星(ほうき星):太陽系の放浪者」

11月11日、美星天文台(岡山県)。講師:河北秀世さん(京都産業大学 准教授)

明石市立天文科学館のモバイルプラネタリウムがデビューへ

初演は11月11日の明石市民祭り。なお、モバイルプラネタリウムは寄贈された国産品。
[]

2008年11月04日(火)

「スルッとKANSAI 遊びマップ」今月号はプラネタリウム特集

関西ローカルですが。スルッとKANSAI加盟各社局の駅・営業所を中心に配布
[]

2009年11月04日(水)

アレスI-X、打ち上げから着水まで

パラシュートの一つが開かなかったようです。

月探査情報ステーション11周年

11月2日で11周年を迎えられました。おめでとうございます。

[APoD] 7姉妹 vs カリフォルニア

すばるとカリフォルニア星雲。どうやったらこんなに星雲が映るんでしょう。
[]



2013年11月04日(月)

ウェザーニューズ、ウガンダからの皆既日食中継成功

NHKが超高感度ハイビジョンカメラでアイソン彗星を撮影

おお、動いている!

ガボンで捉えたダイヤモンドリング

継続時間が短いかわりに、いくつものダイヤモンドリングやビーズ、真っ赤な彩層など、短いがための素晴らしい景観に恵まれたようです。

ウェザーニューズのウガンダからの日食中継録画

「SOLiVE24 (SOLiVEスター 日食特別番組 )」。YouTubeから。
[]



2017年11月04日(土)

2018年の主な天文現象:せんだい宇宙館

2003年以来15年ぶりの火星大接近(地球最接近は7月31日)。皆既月食が2回。ペルセウス座流星群は絶好の観測条件。 火星大接近は専用サイトの立ち上げをもくろんだりしていますが、はてさて実現できるか…

国立天文台WEBサイトに、2018年火星大接近の特集ページ

[]

2019年11月04日(月)

金星全領域(昼夜問わず)の雲の動きの可視化に成功

雲に筋状や粒状の温度構造があることや、雲の動きに昼側と夜側で違いが見られることを初めて明らかに。金星探査機「あかつき」の赤外カメラの観測から。

MOMO3号で、高層大気中のインフラサウンド(低周波音波)の科学観測に成功

MOMOシリーズでの初の科学観測成功事例。

『天の川が撮れた! Pixel 4で「満天の星空と富士山」の撮影にチャレンジ』ITmedia NEWS

[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー