星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2006年06月30日(金)

[画像] 星と星垂(ほたる)

アストロアーツ投稿ギャラリーで発見。

[Astronomy Picture of the Day] 古い月と六姉妹

ヨーロッパの月探査機SMART-1、最後は月面へ衝突

約16ヶ月間にわたり観測を続けてきましたが、ミッションの最後に月面へ衝突するとのこと。9月3日の予定。
[]

2007年06月30日(土)

実験ロケットでオーロラみたいなあかりが出るかも?

7月31日内之浦で予定のS-520-23号ロケット実験。

【APoD】キャッツアイ星雲(NGC 6543)

名古屋市科学館プラネタリウム、2010年に世界最大規模に改築

かねて伝えられているとおり、ツアイスは引退となります。新プラネタリウムも生解説のようです。
[]

2008年06月30日(月)

サイエンスカフェ『「かぐや」と月とスペースガード!?』

7月26日、倉敷科学センター。(財)日本宇宙フォーラム主催。

NHK出版から発売される「最新・月の科学」の詳細

JAXAいはもとさんによる「JAXAへの就職(文系版)」

ちなみに私は文学部出身。
[]

2010年06月30日(水)

~おかえり、はやぶさ~ 応援ありがとうイベント

8月15日、丸の内オアゾOO(おお)広場。帰還カプセルも展示予定。

NEC、日経新聞に「はやぶさ」広告掲載

川口淳一郎PMへのインタビュー記事

火~土曜日掲載。

アストロアーツ:米の高校生らによる「はやぶさ」大気圏突入の動画

6月14日の映像関連。

アストロアーツ:小惑星を破壊した白色矮星

6月24日既報の話題。

[APoD] Trees, Sky, Galactic Eye

8枚の画像をコンポジット。 私には気色悪いんですけど・・・・

藤田良雄先生へのインタビュー(国立天文台アーカイブ新聞)

上坂さんによるIPS2010レポート

第54回宇宙科学技術連合講演会

11月17日~19日、静岡県。

日本、デンマークに完敗

先日,ネイチャーに掲載された調査結果についての社説

sorae.jp:エポキシ探査機、最後の地球フライバイ

「はやぶさ」人気で天文ブームが続いている

いろいろ好機です。ほら逡巡した顔してないで>そこの天文普及の人。

惑星協会のソーラーセイル、Critical Design Reviewを通過

[]

2011年06月30日(木)

最後のスペースシャトル打ち上げは現地時間7月8日

STS-135、アトランティス。日本時間では7月9日0時26分。

H-IIAロケット19号機、8月28日に打ち上げを予定

情報収集衛星光学4号機を打ち上げ。

宙人ノオトエッセイ「本当は恐ろしい流れ星」

冥王星とその月の観測

[画像] 水田と西の空

南天の星空と水田」関連。by Twitter @yumikurさん。
[]

2012年06月30日(土)

国立天文台「ふれあい天文学」「星・宇宙を身近に感じる特別授業」

特殊切手「星座シリーズ 第2集」7月6日から

via Twitter@agata_naojさん

星の村天文台、来月から再開

おめでとうございます!

天体写真イベント「宇宙団欒~天体写真から広がるぼくらの宇宙」

再突入データ収集装置 i-Ball の報道公開

[]

2015年06月30日(火)

sorae.jp:ファルコン9ロケット、打ち上げ失敗 第2段機体に問題か

6月29日の打ち上げ失敗の件。

ISS流星観測カメラ「メテオ」を乗せた米国ロケット打上げ失敗について

打ち上げ失敗したファルコン9ロケットに搭載されていました。

ナショナルジオグラフィック:はじめての冥王星

ナショナルジオグラフィック:月は常にいびつな形の塵の雲に包まれている

金星と木星が大接近中

見える位置
西の空です
[JPEG]
クリックで拡大

拡大図
[JPEG]
クリックで拡大

第38回木星会議2015 in 明治大学

8月29日、8月30日
明治大学駿河台キャンパスリバティタワー(東京都千代田区神田駿河台1-1)
[]


2017年06月30日(金)

美星スペースガードセンターがアステロイドデーの小惑星観測ライブ中継に参加

6月30日(金)、22:21~ 3分間、23:26~ 3分間、23:53~ 1分間。
ライブ自体は24時間。

アステロイドデー関連イベント;さがみはら宇宙の日 - Asteroid Day(小惑星の日) in 相模原 ~天体の地球衝突に対処する~

[]

2018年06月30日(土)

6月30日アステロイドデイ2018

オウムアムアの軌道とのずれについて

彗星の可能性が高いと考えられますが、オウムアムアから噴出したとみられるガスなどはかんそくされていないとのこと。
もともとオウムアムアは彗星として報告され、その後小惑星と判断、そして実は太陽系外から飛来したと断定されたのでした。

小惑星フェートンの表面で反射した光はとても大きな偏光度を示すことが分かった

日本が2022年打ち上げ予定のDESTINY+計画の探査対象天体。
フェートン表面の粒子のサイズが大きいと説明がつくがほかの理由もあり、DESTINY+の探査に期待。

太陽系へ噴出していく太陽極域ジェットを2017年8月21日の皆既日食でとらえた:国立天文台 太陽観測科学プロジェクト

[]

2019年06月30日(日)

6月30日はアステロイドデー

小惑星の宇宙の形成における役割、それを資源として私たちがどう使うことができるか、将来の小惑星探査、そして小惑星衝突から私たちの惑星をどう守るかについての啓発と教育のための日です。1908年のツングースカ大爆発が起きた6月30日をその日に制定されました。

高速電波バースト(FRB)の正確な発生源を特定

1/1000秒の間に太陽放射の1万年分のエネルギーを放出する現象。

南牧村 野辺山宇宙電波観測所関連事業の有料ガイドツアー

ガイドスタッフは野辺山宇宙電波観測所のOBの先生方。
[]

2020年06月30日(火)

6月30日 アステロイドディ

小惑星が太陽系の形成において果たした役割、小惑星の将来の探査や資源活用、そして小惑星の衝突から地球を守るにはどうすればよいかを考える、" Global Awareness Campaign (世界規模の啓発キャンペーン)"。1908年にツングースカ大爆発が起こった6月30日にちなみ、その前後で世界各地でイベントが開かれます。 日本スペースガード協会と「はやぶさ2」プロジェクトは「アステロイドデイ 2020 トークライブ」をオンラインで開催。

誕生してからまだ2000万年から3000万年の恒星に海王星サイズの惑星を発見

太陽系から約31.9光年の赤色矮星、けんびきょう座AU星。惑星の公転周期は約8.5日。

国立天文台野辺山、4Dシアターのストリーム配信を予定

2020年6月30日15:00~と、2020年7月7日(火)15:00~
3D映像と2D映像で配信。3D映像は赤青眼鏡を使うアナグリフ形式と、右目用・左目用の画像を左右に配し、専用の眼鏡で見るサイドバイサイド形式。
[]

脳内BGM

「ハルジオン」 (YOASOBI)

バックナンバー