星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2021年07月23日(金) [過去の同じ日]

金星の雲の運動を初めて昼夜の別なく可視化することに成功

探査機「あかつき」の赤外線カメラで2年間にわたり1時間おきに雲の動きを撮影。昼間の赤道から極へ向かう雲の流れは、夜には逆向きに流れていることが判明。

花山天文台、土日公開を7月24日から再開

秋山文野さん「宇宙旅行の相次ぐ成功でも搭乗者は命がけ。業界は『安全』を模索しながら進んでいる」(Yahoo!ニュース)

米連邦航空局は宇宙旅行者を「乗客」ではなく「参加者」と呼ぶ。アメリカでも宇宙船とロケットの安全を審査する認証手続きはまだない。現在の安全性審査は、事故によって無関係の人々に被害が及ぶのを防ぐことに主眼が置かれている。

系外惑星に衛星が形成されつつある現場

太陽系から400光年の距離にある恒星 PDS 70 の惑星 PDS 70c に、衛星が形成されつつある現場をアルマ望遠鏡がとらえた。リンク先の画像のうち右側の拡大画像、中心の光点と周囲のもやっとした部分が、惑星 PDS 70c と周惑星円盤。

「夏休み、おうちで楽しむ国立天文台コンテンツ」(国立天文台広報ブログ)

[]

脳内BGM

「天然色の化石」 (さだまさし)

バックナンバー

協力した天文キャンペーン

※いずれのキャンペーンもすでに終了しています。
■火星観測週間/マーズウィーク(2003年火星大接近 サイトはすでに閉鎖)