星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
2020年火星接近 今日の火星(9月27日 21時)光度 -2.4等, 視直径 22.2", 地球からの距離 0.42107天文単位, うお座
(ステラナビゲータ11で計算)

2020年06月25日(木) [過去の同じ日]

LIGOとVigo、太陽の質量の2.5倍~3倍の天体が関係した重力波を検出

小さい方の天体は、知られている最も重い中性子星よりも重い。しかしブラックホールよりは軽い謎の天体。もう一方の天体は太陽質量の23倍で、2つの天体質量の比もこれまでで最も大きい。

冥王星の内部海の成因に新たな説

冥王星は氷の表面の下に液体の海があると考えられ、その成因としては、冷たい物質が降着して冥王星が形成された後、放射性物質の崩壊熱で海ができたという説があるとのことですが、それに対して、物質が降着する際の重力エネルギーにより、初期の冥王星は温かく、早い段階から内部海を持っていたという研究が発表されました。

【書籍】『天空への願い』

KAGAYA 著、河出書房新社。

ネオワイズ彗星(C/2020 F3)がSOHOのC3画像で見えています

太陽でCNOサイクルによる核融合が起きている直接の証拠が測定された

イタリアのニュートリノ実験Borexinoが、CNOサイクル由来の太陽ニュートリノを初めて測定。続きは6月28日 (2020年6月27日、タイトル変更、補足を加筆)
[]

脳内BGM

「八ヶ岳に立つ野ウサギ」 (さだまさし)

バックナンバー