星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2020年03月21日(土) [過去の同じ日]

銀河系外縁部領域の星形成領域IRAS 01123+6430に付随する水メーザー天体について正確な距離の測定に成功

VERAを使っての成果。測定された距離は 6.61 キロパーセク(約2万1000光年)。

小惑星にクレーターが形成される仕組みを、リュウグウでの人工クレーター形成実験から突き止めた

またリュウグウが小惑星帯に滞在した期間は約1000万年と推定された。

アルマ望遠鏡、科学運用の一時停止を決定

チリ国内での新型コロナウイルス感染症の拡大により。
[]

バックナンバー