星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
惑星で星空視力大実験!!!〜木星・土星"超"大接近観測プロジェクト〜
2020年12月に起きる約400年ぶりの木星・土星"超"大接近 が肉眼でどう見えるかを世界中で観察し、星空観察にまつわる謎の解明を目指します。 期間:2020年12月1日〜31日。ご協力ありがとうございました。結果速報

2014年05月20日(火) [過去の同じ日]

小惑星「Hoshitakuhai(星宅配)」命名

加古川宇宙科学同好会が実施している「星空宅配便」が700回を超えた実績を称賛し、発見者の関勉さんが命名。

アストロアーツ:急速に縮む木星の大赤斑

5月18日の件。

ビーナスエクスプレス、まもなくミッション終了

最後は金星大気に突入の予定。

昭和6年にニコンが作った屈折天体望遠鏡、国立科学博物館で展示中

5月24日に出現するかもしれない「きりん座流星群」

日本時間5月24日15時3分~17時9分の予想。ピークは世界時同日15時33分~16時49分。いずれも日本は昼間。適地はアメリカとカナダ南部。

原始惑星系円盤のガスの密度分布と温度分布の構造を明らかに

[]

脳内BGM

「春よ、来い」 (松任谷由実)

バックナンバー