星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2007年11月10日(土) [過去の同じ日]

板垣公一さん、うお座に大きく増光した変光星を発見

CBET 1126より。11月2.5日(世界時、以下同じ)に21センチ望遠鏡で発見。11月2.572日の50センチ鏡による観測では15.8等。しかし10月2日の観測時には17.3等より暗かったとのこと。矮新星のアウトバースト?
[星図/PNG]
クリックで拡大
位置
R.A. = 23h11m10s.90,
Decl.= +1d30'03".1 (2000.0)
CBET 1126

ホームズ彗星(10:50追記、再編集)

イオンテイルが千切れています。disconnection eventが発生したようです。

ホームズ彗星の光度観測報告

JAXAグリーティングカードにハイビジョンの月が登場

「かぐや」ハイビジョン撮影、海外の記事

地球で検知された高エネルギーの宇宙線はほとんどが近い活動銀河から

サイエンス誌。

泡を吹く赤ちゃん星

スピッツアーの観測。

NECとクレイ・ジャパン、国立天文台からスーパーコンピュータを受注

ASTRO-Gと「はやぶさ2」同時打ち上げ可能性の検証

松浦晋也氏「月探査機打ち上げ、日中の格差はプログラム的探査の有無」

日経BP連載記事「宇宙開発を読む」第19回。 ちょっと紹介が遅くなりました。

ぐんま天文学校「変光星の光度曲線を調べる」

群馬県立ぐんま天文台。来年1月12日〜13日および2月2日〜3日(両方参加が必要)。定員10名。申込締切は11月15日。

ぐんま天文台談話会「太陽系小天体探査」

11月20日、群馬県立ぐんま天文台。講師:阿部新助さん。
[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー