星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2021年10月12日(火) [過去の同じ日]

【予定】第11回星なかまの集い~天文楽サミット~

みんなで望遠鏡を持ち寄り、星を観ながらの交流イベントとして開催します。
日時:2022年3月19日(土曜日) 18時~21時
場所:明石公園(兵庫県明石市) メイン会場 東芝生広場
今度こそみんなで会えますように。

10月18日、十三夜(後の月、栗名月、豆名月)

宙フェスTOKYO 2021@日本橋

11月13日、14日、日本橋 福徳の森、仲通り なお、宙フェスといえば京都で初めて開催され、例年、東京と京都の2ヵ所で開催されてきましたが、2021年の京都開催は中止となっています。

小さな小惑星の地球衝突まで時間がない場合、最後の手段として、核爆発は有効な手段かもしれないという研究

直径100メートルのベンヌ型の天体の表面上数メートルの位置で衝突2カ月前に1メガトンの核爆弾を爆発させた場合、質量の99%が地球に衝突せず通過していく、と。

【開催中】東寺2021秋期特別公開「東寺の星マンダラ– 除災招福の祈り –」

2021年9月20日(月)~11月25日(木)
北斗曼荼羅が展示されているようです。
[]

脳内BGM

バックナンバー

協力した天文キャンペーン

※いずれのキャンペーンもすでに終了しています。
■火星観測週間/マーズウィーク(2003年火星大接近 サイトはすでに閉鎖)