星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2021年04月07日(水) [過去の同じ日]

パンスターズ彗星(P/2016 BA14)をすばる望遠鏡で赤外線観測

地上観測としては初めて彗星核の表層成分を調べることに成功。直径800m、表面温度80度程度。彗星では初めて含水ケイ酸塩鉱物を発見。

火星の空にかかる「虹」

パーサヴィアランスが撮影に成功。
(4月8日追記)残念ながら、虹ではないようです

「人工衛星とデブリで夜空の明るさは1割増」(アストロアーツ)

人類が宇宙を目指した成果である人工天体が、私たちから宇宙を遠ざける皮肉。

「野辺山観測所に期待の寄付 南牧村 全国から556万円余」(信濃毎日新聞)

4月22日、4月こと座流星群極大

観測条件は「あまりよくない」
[]

脳内BGM

「天然色の化石」 (さだまさし)

バックナンバー

協力した天文キャンペーン

※いずれのキャンペーンもすでに終了しています。
■火星観測週間/マーズウィーク(2003年火星大接近 サイトはすでに閉鎖)