星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2019年10月11日(金) [過去の同じ日]

一酸化炭素の同位体分子種の中で最も量が少ない13C17Oを、原始惑星系円盤で初めて発見

原始惑星系円盤のガスと塵の量では系外惑星の質量分布を説明するのに不十分という問題がありましたが、これまでの観測では実際の質量より少なく見積もっていた可能性もあり、より正確に見積もることができる13C17Oの観測を試み、成功。これまで考えられていたよりガスと塵を多く含むことが分かった。

秋山文野さん『ノーベル物理学賞受賞「太陽系外惑星の発見」をもたらした発想の転換』(Yahoo!ニュース)

国立天文台望遠鏡キット特設サイト

[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー