星が好きな人のための新着情報

2018年火星大接近!
mars2018.space
※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2018年07月14日(土) [過去の同じ日]

超高エネルギーニュートリノの発生源を特定

南極のニュートリノ観測実験「IceCube」が高エネルギーニュートリノを検出、到来方向が求められ、世界各地の天文台、観測衛星がこの方向を一斉に観測。オリオン座の方向40億光年にあるブレーザーTXS 0506+056が高エネルギーニュートリノの放出源と突き止められました。 報道など 【参考】アイスキューブ観測装置

冥王星、発見以来初めて、黄道面を通過

地球に落下した小惑星2018 LAの破片を回収:アストロアーツ

リュウグウの形状モデルの初期バージョンが完成:月探査情報ステーション

環境省が星空観察の方法などの情報を発信しているサイト「星空を見よう」

via Twitter@star_hacksさん

林公代さん『火星大接近に流星群、あなたの世界を広げるおススメの宇宙本』(三菱電機DSPACE 読む宇宙旅行)

『専門家にきく!「星空は科学への入り口 国立天文台が伝える星の魅力 第1回 天文学とわたしたち』(学研キッズネット)

天文台マダムこと梅本真由美さんによる、国立天文台・縣秀彦先生へのインタビュー

宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機は2018年9月11日に打ち上げ

[]

サイト内検索

バックナンバー