星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
惑星で星空視力大実験!!!〜木星・土星"超"大接近観測プロジェクト〜
2020年12月に起きる約400年ぶりの木星・土星"超"大接近 が肉眼でどう見えるかを世界中で観察し、星空観察にまつわる謎の解明を目指します。 期間:2020年12月1日〜31日。ご協力ありがとうございました。結果速報

2016年04月02日(土) [過去の同じ日]

「ひとみ」(ASTRO-H)4月1日の現状報告記者会見まとめ

「基本的には『何がなんだかまるでわからん』」「たいていの思いつく原因は否定されてる」「誰か見てきてくれないかなあ」

近傍の赤色矮星をまわる新たなスーパーアースを発見

「惑星の発見には、岡山天体物理観測所の188cm望遠鏡と最新の観測装置MuSCAT(マスカット)を始めとする、日本の望遠鏡と観測装置が重要な役割を果たしました。」

地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を若い星のまわりで初めて観測

ALMA望遠鏡の成果。

中性子星におけるクォーク相の形成過程

252P/リニア彗星、へびつかい座に

3月21日には3.9等まで明るくなったとのこと。近日点を通過、地球最接近も過ぎ、離れる方向にあります。

(4/2 10:43)「ひとみ」から分離したと思われる物体は10個に

これまで「ひとみ」本体と思われていたものは大型(または反射率の高い)の破片。

(4/2 13:10)sorae.jp:X線天文衛星「ひとみ」、回転は破片を誤認?米軍発表

(4/2 13:10)柏井勇魚さんによる、「ひとみ」と分離したと思われる物体10個の状況

[]

脳内BGM

「銀河」 (MISIA)

バックナンバー