星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
惑星で星空視力大実験!!!〜木星・土星"超"大接近観測プロジェクト〜
2020年12月に起きる約400年ぶりの木星・土星"超"大接近 が肉眼でどう見えるかを世界中で観察し、星空観察にまつわる謎の解明を目指します。 期間:2020年12月1日〜31日。ご協力ありがとうございました。結果速報

2016年02月17日(水) [過去の同じ日]

【再掲載】ASTRO-H打ち上げ中継は2月17日17時25分から

打ち上げは17時45分予定です。

ASTRO-H打ち上げで「夜光雲」が出現するか?

トロヤ群小惑星の形はどこまでわかったか

2012年日本惑星科学会誌「遊・星・人」第21巻1号掲載の記事。([PDF] 原稿元ファイル

DSPACE星空の散歩道:部分日食を眺めてみよう

ナショナルジオグラフィック:最新鋭のアルマ望遠鏡で見たヒミコ

「大内正己 巨大望遠鏡で迫る、宇宙の果て」の第7回。

TMT、ハワイでの建設を断念する可能性が

ハワイ以外の候補地の検討を始めた様子。 via Twitter@AvellSkyさん

太陽黒点の大気がこれまでの予想よりも更に上層まで黒点の磁力に支配されている可能性

電波天文観測実習の募集

大学の理科系学部(教育学部の理科系も含む)に属する学生が対象。

国立天文台、国際外部評価報告書を公開

PDFでダウンロードできます。

国立天文台今週の一枚:枯木立の奥に去りゆく冬の星座、立春の候

[]

脳内BGM

「銀河」 (MISIA)

バックナンバー