星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2014年04月03日(木) [過去の同じ日]

【再掲載】「星ナビ」にブラック星博士の新連載「B級天文学研究室」

明石市立天文科学館でいつもシゴセンジャーにやっつけられている悪い科学者。4月5日発売の5月号から連載開始。

西山浩一さん・椛島冨士夫さん、はくちょう座に新星を発見

3月31.78990日(世界時)の観測から。発見時10.9等。

昨日から星図の掲載に faviconステラクラウドを利用してみています。

4月の星空

4月の目玉は地球と火星の最接近(4月14日)です。また火星は4月9日に衝となり、現在観望の好機です。 皆既月食(4月15日)と金環日食(4月29日)がありますが、月食は月の出前に皆既食が終わっています。東日本では欠けた月が昇ってくるのが見られるかもしれません(月出帯食。月が昇ってすぐ部分食が終わります)。日食は日本では見られません(南極)。

アストロアーツ:【特集】2014年 火星接近

知られざるニコンの歴史 - 岐阜天文台25cm屈折赤道儀

[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー