星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。
お知らせ
第10回星なかまの集い~天文楽サミット~は、2020年2月29日(土)、3月1日(日)、兵庫県立大学西はりま天文台にて開催します。詳細は後日。

2012年07月12日(木) [過去の同じ日]

冥王星に5個目の衛星

ハッブル宇宙望遠鏡による6月から7月にかけての観測から。27等。大きさは直径が10km~20km。
  • IAUC 9253: S/2012 (134340) 1; (38628) HUYA [29531-2011/10-S1]

ロバート・マクノートさん、観測継続断念の危機に

NASAとオーストラリア国立大学の資金援助が打ち切りに。 地球を救うのは彼かもしれないのに

すばる望遠鏡制御室には日本の不思議なおまじないがたくさん・・・

アメリカ人には不評だそうですが。

宇宙を学びたい理学・工学分野の学生のための進学説明会

8月9日、京都大学。対象:主に大学学部生

九州工業大の衛星「鳳龍弐号」が宇宙の太陽電池発電で世界最高値

七夕講演会「金環日食限界線はどこに?」レポート

スター・ウィーク2012 リンクバナーキャンペーン実施のお知らせ

お知らせをいただきました。
 8月1日から7日は、スター・ウィーク~星空に親しむ週間~です。スター・
ウィーク実行委員会では、このスター・ウィーク本番まであと1カ月を切った
7月7日より、リンクバナーキャンペーンを実施中です。
 このキャンペーンは、みなさんの運営しているウェブサイトに、バナーと
ともにスター・ウィークページへのリンクを設置していただくというものです。
また、簡単な登録をしていただくことで、ご参加いただいたウェブサイトに、
キャンペーンサイトからもリンクをさせていただきます。
 このような相互リンクによって、スター・ウィークを多くの人に知って
いただいたり、ご参加の方のウェブサイトを閲覧していただいたりすることで、
日本中のさらに多くの人に星空に親しんでいただければとの願いをこめて
実施いたします。
 
 よりお気軽にスター・ウィークに参加していただこうという趣旨でもあり
ますので、ぜひご参加をお願い致します。
 
■スター・ウィーク2012 リンクバナーキャンペーン
 http://www.starweek.jp/lb/2012/banner.html
 
■スター・ウィークのホームページ
 http://www.StarWeek.jp/
[]

脳内BGM

「月天心」 (一青窈)

バックナンバー