星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2016年02月06日(土) [過去の同じ日]

2月6日,7日、月が金星、水星に相次いで接近。7日水星西方最大離角

5惑星と月の接近の最終。水星は見かけ上太陽から最も離れます。高度は日の出30分前で10度。

冥王星の浮遊する丘

凍った窒素の海に水の氷の山が浮いている?
via Twitter@Kyukimasaさん

日本天文学会2016年春季年会

2016年3月14日(月)~17日(木)首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市)

2015年度日本天文学会各賞

天体発見賞は板垣公一さんなど7氏1グループ。25件の発見のうち16件は板垣さんです。
天体功労賞に永井和男さん。功績は「長期にわたる変光星の観測,自作ソフトウェアの公開、及び変光星観測者の育成指導」

大西宇宙飛行士の宇宙滞在におけるリアルタイム交信イベント企画の募集

[]


2016年02月04日(木) [過去の同じ日]

2月16日 白昼のアルデバラン食

月がおうし座のアルデバランを隠す現象。昨年から2017年まで、毎月、地球のどこかで起こっています。つるちゃんによれば東京では今年は2月16日、5月8日、7月2日、9月22日、11月16日に見られるが、条件がいいのは11月16日とのこと。

琉球新報コラム「必要な光と不要な光」

[]

2016年02月03日(水) [過去の同じ日]

2月7日 水星が西方最大離角

1月27日既報ですが再掲載。
明け方の水星が見やすくなります。月と金星に挟まれているので目印に。

ナショナルジオグラフィック:木星の追跡に高度な幾何学、古代バビロニア

1月30日の話題の件。

アストロアーツ:球状星団に含まれる若い星々の材料は星団の外から

国立天文台今週の一枚:安政七年 朏暦

[]

2016年02月02日(火) [過去の同じ日]

ここしばらくの金星と水星の動き

日付は「日/月」の形式なので注意。

赤外線で見た冥王星の青い大気

冥王星表面の水の氷は考えられていたより広範囲に存在

中国が月面のフルカラー高解像度写真を一挙公開

小惑星観測のための研究会

2月10日(水)10:00~17:00、JAXA相模原キャンパス

2003年2月1日コロンビア事故時のコントロールセンターの音声記録とその書き起こし

柏井勇魚さん。全訳と事故プロセスの説明付き

「射場保昭」展(明石市立天文科学館)見学レポート

同館星の友の会の観望会が、曇天のため、かわりに臨時のギャラリートークの開催となりました。
[]

2016年01月30日(土) [過去の同じ日]

天体望遠鏡博物館、3月13日オープン

via Twitter@tsuka_kenさん

古代バビロニア人が木星を追跡していたことを示す粘土板

1月30日 クリムゾンスター(うさぎ座R星)極大

極大光度は5.5等。427日周期で明るさが11.7等から5.5等まで変化します。目で見てすぐわかるほど明るい星ではありませんが、真っ赤な星です。
[]

2016年01月29日(金) [過去の同じ日]

2月1日、2日、月と火星が接近

5惑星と月の一連の現象の一つ。1日と2日で月・火星の位置が入れ替わります。

小学生の手作り国際宇宙ステーションをプラネドームでライトアップ展示

NASA Day of Remembrance

NASAにおいて1月末から2月はじめの1週間ほどは3つの大きな事故が集中しています。
1967年1月27日、アポロ1号火災事故
1986年1月28日、スペースシャトル・チャレンジャー爆発事故
2003年2月 1日、スペースシャトル・コロンビア空中分解事故

地球のオーロラからのエックス線をガンマ線天文衛星「インテグラル」がとらえた

[]

脳内BGM

「BELIEVE」
   (杉本竜一 作詞/作曲)

トピックス

ASTRO-H / H-IIAロケット30号機打ち上げ
 2016年2月12日17時45分~18時30分
 ・打ち上げネット中継

星なかまの集い~天文楽サミット~
・2016年2月27日(土)~2月28日(日) 兵庫県西脇市
 現在の参加申し込みはキャンセル待ちとなります。

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。

Amazon