星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。


2016年06月25日(土) [過去の同じ日]

重力波を生んだブラックホールは太古の巨大恒星の連星だった

もとの質量は太陽の96倍と60倍、ビッグバンから20億年目に形成。

国立天文台今週の一枚:すばる望遠鏡の限界に挑んだ最遠方銀河探査

世界最大の太陽系スケールモデル

縮尺2000万分の1、スウェーデン全体を使って配置。
via Twitter@ogugeoさん
[]

2016年06月24日(金) [過去の同じ日]

鳥取市さじアストロパーク、小惑星リュウグウを撮影

ISAS:微粒子表面の模様に残る小惑星イトカワ、40億年の歴史

6月23日の話題関連

木星探査機ジュノーのリアルタイムシミュレーション

木星周回軌道投入は7月4日(日本時間7月5日 11:30ごろ)

DSPACE:「『もっとも遠方の酸素』で探る—『宇宙の夜明け』をもたらしたのは星か、ブラックホールか?」

5月12日NHKのネット中継「宇宙を身近に!火星・木星・土星を観測」がWEBで公開された

via Twitter@cometwatanabeさん
[]

2016年06月23日(木) [過去の同じ日]

すばる望遠鏡:宇宙ライター林公代の視点 (1) : 系外惑星、直接観測への挑戦

国立天文台今週の一枚:すばる望遠鏡の限界に挑んだ最遠方銀河探査

ナショナルジオグラフィック:土星の環は思っていたより軽かった

生まれたばかりの系外惑星を発見

500万~1000万歳。

日本スペースガード協会が提案し命名された小惑星(2015年度)

[]

2016年06月22日(水) [過去の同じ日]

[]

2016年06月21日(火) [過去の同じ日]

ネイティブ・アメリカンの月の呼び名

6月20日の満月を「ストロベリームーン」と呼ぶと話題です。ネイティブ・アメリカンのある部族での呼び方とか*1
こちらのページを見つけました。満月ではなくひと月の月の名前ですが、部族ごとに実に多彩な呼び方をしていたようです。

*1 「ストロベリームーン」はイチゴの収穫期だからというのが理由で月が赤いからではないようです。

夏至ライトダウン、クールアース・デーライトダウン

6月21日夏至の日、7月7日新暦七夕。

伝統的七夕ライトダウン

8月9日。WEBサイトは2015年の情報ですが。
[]

2016年06月20日(月) [過去の同じ日]

Thirty Meter Telescope 3D パズルペーパークラフト

国立天文台今週の一枚:すばる望遠鏡カセグレン装置交換作業の様子

【WEB】日本七夕文化研究会

かつて日本で行われていた七夕行事について

だいたい20世紀前半の七夕行事について。高度成長期にはいるあたりで急速に廃れました。
[]

脳内BGM

結―ゆい―(作詞・作曲:miwa)
第83回NHK全国学校音楽コンクール
中学校の部課題曲

トピックス


◆5月31日 火星最接近
 ・国立天文台
 ・ビクセン
 2018年は大接近になります。
 ・2003年から2018年までの火星接近表
 ・つるちゃんのプラネタリウム

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。

Amazon