星が好きな人のための新着情報

※固定リンクは星のアイコンに仕込まれています。
※更新は日付の前日の夜と当日の朝が多いです。掲載済の記事に後からリンクを追加することもあります。

2016年09月28日(水) [過去の同じ日]

宇宙を学べる大学・天文学者のいる大学2016年版

KAGAYAさんによる、10月のお勧め天文現象(全て肉眼でOK)

国立天文台今週の一枚:渦巻銀河の形成 ver.3

[]

2016年09月27日(火) [過去の同じ日]

2016年10月の星空

10月8日に月面X(高度低い)、10月中旬に木星と水星が見かけ上大変接近します(こちらも高度低い)。21日にはオリオン座流星群の活動が極大になりますが、月が出ています。

【動画】15万年前から15万年後までの北斗七星付近の恒星の固有運動

北斗七星は画面左側に。両端の2つの星がやってきてだんだん北斗七星の形が出来上がり、一瞬でまた崩れていきます。 でも2星を除く北斗の多くの星はお互いの位置関係の変化が少なめです。たしかほとんどの星はおおぐま座運動星団に属していましたね。参考:DSPACE:星空の散歩道Vol.4[北斗七星:渡部潤一]
via Twitter@sinus_iridiumさん

キトラ古墳壁画体験館「四神(しじん)の館」オープン

入館無料。本物の壁画は四半期毎に期間限定で公開の予定(現在第一回目の公開中)。展示室は常時見学できるようです。

広島大学と中国国家天文台の研究グループがチベット高原に望遠鏡を設置

すばる望遠鏡:宇宙ライター林公代の視点 (12) : 銀河考古学の発掘現場

国立天文台今週の一枚:太陽観測衛星「ひので」二分の一成人式

「エウロパから水蒸気の噴出を発見!」(小野雅裕さん)

[]

2016年09月25日(日) [過去の同じ日]

NASA、木星の衛星エウロパについて驚くべき活動の証拠を発表すると予告

ハッブル宇宙望遠鏡での観測から何か見つけたようです。日本時間27日午前3時から。
[]

2016年09月24日(土) [過去の同じ日]

9月29日 水星が西方最大離角

明け方としては今年最も条件が良いとのこと。

10月8日、月面X(ただし低空)

22時頃。かなり低空です。観察は早めの時間から。

池谷・村上彗星が一部崩壊している様子をハッブル宇宙望遠鏡がとらえた

特別天文講座「アルマ望遠鏡のお話」(明石市立天文科学館)

2016年10月10日(月・祝)12時45分~14時00分 当日整理券制
講師:平松正顕さん(国立天文台チリ観測所)

日経サイエンス新連載「nippon天文遺産」(渡部潤一さん)

第一回は「天文遺産への思い」 日経サイエンス2016年11月号。

毎日新聞:小惑星に突き進むアメリカに死角はないのか?(寺薗淳也さん)

[]

2016年09月23日(金) [過去の同じ日]

夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン「GLOBE at Night」

今回は9月22日から10月1日まで。対象は、はくちょう座。

【動画】ロゼッタ最後の飛行のアニメ―ション

via Twitter@sinus_iridiumさん
[]

2016年09月22日(木) [過去の同じ日]

三鷹・星と宇宙の日2016(国立天文台三鷹特別公開)

2016年10月21日(金:プレ公開)・22日(土:本公開)
国立天文台三鷹、東京大学天文学研究センター、三鷹市星と森と絵本の家

ライトダウンやまなし2016を支援するクラウドファンディング

目標金額100万円。ただし目標金額に関わらず2016/11/05までに集まった金額はファンディングされ、イベントの運営や消灯依頼にかかる経費として活用されるとのこと。

月探査情報ステーション:韓国の月周回衛星、2018年末に打ち上げ

【動画】カッシーニが撮影した、土星の自転(4土星日分)

via Twitter@sinus_iridiumさん

月探査情報ステーション:オシリス・レックス打ち上げ前のロケット(JAXA吉川先生撮影)

ISS上の流星観測カメラ「メテオ」が捉えたオーロラ

9月22日、秋分の日

秋分の日は、1897年~1979年は9月24日または9月23日、1980年~2011年は毎年9月23日でしたが、2012年、116年ぶりに9月22日になりました。当分は閏年は9月22日になります。
[]


脳内BGM

「瑠璃色の地球」
松田聖子

トピックス


◆2016年9月29日
 水星が西方最大離角
◆2016年10月8日
 月面X(ただし低空)
◆2016年10月21・22日
 三鷹・星と宇宙の日2016

サイト内検索

バックナンバー

モバイル


「星が好きな人のための新着情報」を携帯端末で閲覧できます(制限)。