【転載】国立天文台・天文ニュース(195)

新彗星 C/1998 P1(Williams)の発見


 オーストラリア、シドニー近郊、ヒースコートのウイリアムズ(Williams,Peter)は、8月10日に、口径30センチの反射望遠鏡によって「みなみのさんかく座」に9.5等の新彗星を眼視で発見しました。中心に13等の恒星状の中央集光があり、位置角103度の方向に短い尾が伸びていると報告されています。この彗星の認識符号は C/1998 P1 で、通称はウイリアムズ彗星です。詳細な状況がわからないと確定はできませんが、この発見は、6月に制定されたエドガー・ウイルソン賞の初の候補になると思われます。

 その後の観測によって暫定放物線軌道が求められています。国際天文学連合回報(IAUC)による軌道要素と予測位置は、以下の表のとおりです。

 現在の位置は「ケンタウルス座」で、日本からは観測できません。今後は北に移動しますが、見かけ上太陽に近付きますから、当分、日本からは観測しにくい状態が続きます。しかし、暫定軌道要素をもとに計算しますと、いつたん地球から2天文単位以上離れたウイリアムズ彗星は、その後再び地球に近付きます。来年1月末には1天文単位くらいにまで接近しますから、7等級台の明るさになって、「しし座」付近にほぼ一晩中見える可能性があります。小望遠鏡でも見えるかもしれません。

      近日点通過時刻 = 1998 Oct.16.95TT   近日点引数 = 292.81
                                          昇交点黄経 = 156.09 (2000.0)
      近日点距離     = 1.1623 AU          軌道傾斜角 = 145.62

    日付       赤経(2000.0)赤緯   地心距離   日心距離   太陽離角   明るさ
    1998       時  分     度  分        AU         AU        度        等
    Aug. 15  14 35.94  -59 42.0     1.053      1.520      94.7       9.4
         20  14 13.45  -54 23.7     1.142      1.473      86.0       9.5
         25  13 59.76  -49 50.7     1.239      1.428      78.1       9.5
         30  13 50.91  -46  0.8     1.339      1.385      70.7       9.5
    Sept. 4  13 44.94  -42 47.5     1.440      1.345      63.8       9.6
          9  13 40.79  -40  4.0     1.539      1.308      57.4       9.6
         14  13 37.81  -37 44.3     1.634      1.274      51.2       9.6
         19  13 35.64  -35 43.4     1.723      1.244      45.4       9.6
         24  13 34.02  -33 57.6     1.805      1.218      39.9       9.6
         29  13 32.77  -32 23.5     1.879      1.197      34.6       9.7
    Oct.  4  13 31.78  -30 58.7     1.943      1.181      29.5       9.7
参照

1998年8月13日         国立天文台・広報普及室


転載: ふくはら なおひと(福原直人) [自己紹介]

[天文ニュース目次] [星の好きな人のための新着情報]